■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
警察庁が運用変更に動いた
先月16日の新聞に載っていました。

あおり運転「一発免停」で事故防止 警察庁 〜日本経済新聞〜

警察庁は16日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示した。




TBSが現場から、なくせ危険運転という取材や報道をまとめたサイトがありますが、
以下のページによれば、

現場から、なくせ危険運転! 「危険性帯有者」とは 〜TBS〜

将来事故を起こす可能性が高い人物には最長180日間の一発免停処分とすることが可能な道路交通法の規定があるが、
その法律を解釈運用する警察庁はこれまで主に薬物常用者に対して処分していて、あおり運転などに対しての処分はほとんど行ってきていなかったようです。
法改正をしなくても既にこのような道路交通法の規定があるのに、
なにやってたん警察庁さんと言わざるをえません。

上が指示をしていないものだから、
交通ルール無視の自己中運転者に絡まれて揉めて警察を呼んでも、ドラレコの動画に一部始終がばっちり写っていても
青切符も警察官の現認で切ることになっているのか、直接違反行為を見たわけじゃないし事故になっていないから何もできないって青切符も切らずに帰ってしまう・・・
聞くところによればそんな状態なのですから、東名の事故事件みたいなのが起きてしまうのも当然だよなと
私はずっと思っておりました。。




さきのTBSの特集ページに海外の例が出ていますので
すこし紹介しておこうと思います。
興味の有る方はリンク先を辿ってみてください。



日本の道路交通法の規定では最長でも免停180日ですけど、
イギリスでは右折車線がある交差点内にもかかわらず、
反対車線にはみ出して追い越した運転者に対し
執行猶予付きの禁錮刑、罰金、無給労働。20か月の免許停止の処分となったそうです。

現場から、なくせ危険運転!  イギリス警察の「スパルタン作戦」とは 〜TBS〜



また、ドイツでは一生涯免許剥奪の制度が有り、
大きな事故には至っておらず、刑罰自体は軽いケースでも、
ドライバーとして極めて危険と認められる場合には、一生涯、運転禁止にできる
そうです。
日本では免許取消になっても最長10年で再取得が可能になってしまいます・・・

現場から、なくせ危険運転! ドイツが導入「一生涯免許剥奪」制度 〜TBS〜



さらにドイツでは免許取消になった場合、再取得するには心理学者の検査に合格しないとできないそうです。

現場から、なくせ危険運転! ドイツでは免許再取得に心理学者の検査 〜TBS〜

車・道路 | 19:19:23 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます
今年もちらほら好き勝手なことを書いてまいりますので、よければお付き合いください。

さて、新年最初の更新からこんな動画を・・・


国道8号 魚津滑川バイパスでのネズミ捕りです。
確か昨年2017年10月か11月のある日だったはずですが、失念してしまいました。
この場所は公開交通取締り情報でも定期的に出てきますが、
公開情報で出てない日にやってるのを私は見たことがあります。
また、4車線化される以前ですが朝7時台にやってるのを見たとか、当方の家族が言っておりましたので
ちょくちょく行う場所なのだろうと思います。


ちなみにこの道ですが、設計速度は80km/hです。(道路構造令の第三種一級)
設計速度とは、自動車が安全かつ快適に走行できる最高限度の速度のことで、
天候が良好でかつ交通密度が低く、車両の走行条件が道路の構造的な条件のみに支配されている場合に、平均的な技量を持つ運転車が、安全にしかも快適性を失わずに走行できる速度と定義されております。
天候が良くて交通量が少ないならば80km/hまで安全に走行可能な造りの道路というわけです。


しかしながら、道路の設計に関係する管轄は国土交通省ですが、
交通規制に関する管轄は警察庁という、いわゆる縦割り行政なため、
規制速度は設計速度より低めの60km/hとなっていて、信号も60km/hで走行したときに赤で停止させにくいようなプログラムになっていたりします。(余裕を取って規制速度を設計速度より低めに設定しているのだと思われます)
ということで、少なくとも設計速度の80km/h以上で走行するような行為はおやめになったほうが賢明かと思います。
機械とかも設計外の使い方をしたら、煙が吹いたりとかどうなるかわかりませんのでw

車・道路 | 23:35:01 | Trackback(0) | Comments(0)
MROラジオ 七尾FM中継局と輪島FM中継局
各地でAMラジオ局のFM補完中継局が設置されていますが、
MRO北陸放送ラジオ 能登半島の中継局(七尾・輪島)が12月に開局しています。

こちらでも受信できるはずと見て、FMアンテナを向けてみました。
受信状態は以下の動画に収録しております。

七尾中継局のほうが距離が近いため、七尾のほうが良く受信できるかなと思っていたところ
遠い輪島中継局のほうが受信状態が良いです。

なお、アンテナはマスプロ電工FM2を屋根裏に設置しています。
ブースターは日本アンテナN-35Wです。
2017-12-26-1.jpg


アナログテレビ放送終了以降はFM帯域を増幅可能な家庭用ブースターが無くなってしまいました。
今使用しているブースターが故障すると、今後はケーブルテレビ用ブースターで代用するしかないのでしょうか・・・。

放送受信 | 22:26:53 | Trackback(0) | Comments(0)
移動式オービス 目撃情報 その5
新型移動式オービスの目撃情報をtwitterで上げてくれる人がいらっしゃいますね。

https://twitter.com/hinoyu2006_48/status/943970451390283776/photo/1
↑ 富山市鍋田 広田小学校前   制限速度30km/h

画像を拝見すると、左側にワゴン車が停まっていますが、
やはり乗り付けた車を学校の敷地内に停めさせてもらっているようですね。
個人の土地と違って停めるスペースを借りやすいのでしょう。


2017-12-22-2.jpg

2017-12-22-1.jpg
9月だったか10月頃に夕方のニュースで放送されていました。
交通機動隊長がKNBのインタビューに答えていました。

主に地域住民の要望場所、学校の近く、死亡事故発生場所で行っているそうです。
また、同じ場所で複数回行っているそうです。


オービス | 22:06:02 | Trackback(0) | Comments(0)
移動式オービス 目撃情報 その4
新型移動式オービスの目撃情報をyoutubeで上げてくれる人がいらっしゃいますね。

https://www.youtube.com/watch?v=afkc-qZrMf0
↑ 砺波市中野 県道40号線 制限速度30km/h

県議会11月定例会12月5日の本会議にて県警本部長が以下の答弁(要約)をしていました。
http://www.toyama-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_asx_vod&inquiry_id=753&
その県議会の一般質問の動画は↑です。

”速い車が多い朝の出勤時間帯の取締りをお願いしたいだとかの要望が県内各地から来ている。
しかし、1台しか無いため県民の皆様からの多様な要望に十分答えられない。
現在は事故の多い富山市を中心に運用している。 
今後計画的な増設を図ってまいります。”




現在ある1台は交通機動隊に配備されていて、富山市中心の運用ということですが、
この目撃情報では砺波市でした。
近々台数を増やす方針であることが明らかになっており、増えれば運用範囲が広がるわけですから、
今のうちから砺波警察署員が取扱研修でもやっているのかもしれません。
だとするならば、他の警察署管内でも同じことが行われるかもしれませんねぇ。

移動式オービスの目撃情報を見つけ次第、当ブログに書き残しておりますが、
量が増えてきましたので、カテゴリにオービスを追加しました。
投稿時間の左↓をクリックすれば、過去の目撃情報の記事をご覧いただけます。

オービス | 22:42:59 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad