■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
信号情報活用運転支援システム
信号関係の話題を書いた流れで・・・
信号情報活用運転支援システムというものを触れておきましょうか。

”この先信号が赤だからアクセルをオフにせよ”とか”あと10秒で青に変わるから発進の準備をしろ”だとか
”50キロで走れば次の信号を青で通過できる”だとかを車のナビが教えてくれるシステムです。

最近はこんなことも可能になっているんですね、、すごい。
このシステムが普及すれば、私がやっているように事前に信号パターンを把握して予想しながら走るなんていう面倒なことをしなくても良いかもしれませんね。
信号通過支援のデモンストレーション動画がありましたので、載せさせていただきます。
このままのスピード(動画内では推奨速度40キロと出ていた)を維持することで、丁度信号が青に変わり止まらないで済んでますねぇ。


車は発進加速のときに燃料を多く消費しますから、
車列の先頭の人が、ナビが言う推奨速度どおり走ってノーブレーキで青通過できれば・・・
車列の後ろも再加速がほとんど必要なくなって燃費が良くなるかもしれませんねぇ。




信号情報活用運転支援システム(TSPS) 対象路線情報
上のリンク先に、このシステムが対応している路線が載っていますが、
富山ではまだ対応していないようです・・。

県警本部にある信号制御用のコンピューター(たぶん上位装置)をこのシステムに対応させることと
道路の頭上に高度化光ビーコンの設置が必要のようです。
県議会の議事録によれば、富山の場合上位装置に関してはリース契約により5年毎に最新の機器に入れ替えているそうです。
次回の更新は平成31年度末だそうなので、富山でこのシステムが始まるのは平成32年度から?でしょうか。

車側での対応状況ですが、
ホンダの新型アコードと新型フリードが対応しているのと、
三菱電機のカーナビNR-MZ200シリーズとETC2.0車載器(EP-B016SRBWかEP-B016SRBD)を接続した場合
赤信号残時間表示、赤信号減速支援に対応するのみのようです。
普及はこれからといった感がありますが、早く試してみたいところです。
スポンサーサイト


車・道路 | 20:22:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad