■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
とうとうきましたか・・・富山に移動オービス導入
27日付、富山の北日本新聞に載っていました。。
2016-11-27-1.jpg


富山県警、本年度から小型の移動オービス導入・・・だそうです。
重さ約25㎏で三脚式とのことです。
移動できるオービスといえば、ワゴン車に載せるタイプのはだいぶ前から存在しますが、
今回のは更に小さいですね。


本格的な導入は来年度からかなと私は予想していましたが、早い・・・。
そういえば、先日愛知県警も本格的に導入することを発表したばかりです。

どこでも速度取り締まり=小型計測装置、初の本格導入-愛知県警 〜時事ドットコム〜

富山で導入するというイメージ画像と愛知で導入するというイメージ画像を比べてみると
同じ機種に見えますね。
2016-11-27-2.jpg 2016-11-27-3.jpg

埼玉と岐阜で試験運用されていた機種とは別のようです。

先日の愛知の発表では、重さ約25㎏のものを2160万円で二台導入するそうですが、
富山のは重さ約25㎏で1080万円とのことなので、愛知と同じ機種かも。
富山はとりあえず一台導入するのだと思われます。

追記:一台540万円との話もあり、そうだとすれば富山は二台、愛知は四台買うことになります。
一台幾らするのかまだはっきりしません。

追記:http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-da67.html
こちらのブログによれば、東京航空計器LSM-300は一式1080万円とのことで、
富山は一台、愛知は二台導入するということで間違いないようです。
従来の場所固定型のオービスを設置するのに5000万円近くかかっていたことを考えると
だいぶ安いわけです。

この機種ですけど、以下のリンク先に載っている東京航空計器のLSM-300ですかね。
これはレーザー方式ですか。
ということはレーダー探知機が効かないという・・・。
http://r-zone.me/2016/11/post-1940.html




オービスといえば、これまで30キロ以上の超過しか撮影して取り締まっていないようですが、
この小型タイプではどうなのでしょうか。
北日本新聞の記事には”県警は生活道路のほか、国道8号など路肩にパトカーを止めにくい幹線道路でも活用していく考えだ。
4〜5人必要だった取り締まりの人員も半分以下にできるという”

とあるので、これまでのオービスのように無人運用を行わないのかもしれません。
30キロ未満の超過でも撮影されて後日通知が来る?

先のリンク先の記事著者が書いてますが、
将来は速度違反も駐車違反と同様に、車両の持ち主に速度違反金を科して
30キロ未満の超過も取り締まるようになるかもしれませんね。
ヘルメットをかぶっていて顔がわからないバイクも、車両の持ち主に対してなら取り締まれるようになっちゃいます。
スポンサーサイト


車・道路 | 21:21:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad