■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小仏トンネル
平地でも紅葉が進んできていますが、今週末は多くの方が紅葉狩りに出かけるのでしょうか。となると関東や関西圏の高速道路はまた渋滞するのでしょうね。。
関東圏ですと、ラジオの交通情報では毎回中央道の小仏トンネルが出てきますね。

関東圏ですと、東名・関越・東北・常磐道は片側3車線化されていますが、中央道だけは2車線区間が多く残っていますから、なおさらなのでしょう。
国土交通省は新しい小仏トンネルを掘る方向で検討を進めているようで、ゆくゆくはここの渋滞が緩和されるのでしょうが、10年くらい先の話となるでしょうね。

ということで半年以上前の話ですが、中日本高速は渋滞対策として車線の運用を変更したそうです。
渋滞削減のため、中央自動車道の車線運用を変更します ~中日本高速道路~

下り線は、走行車線の左側にゆずり車線を新設するという、よくある対策方法ですが、
興味深いのは上り線のほうです。
登坂車線を走行車線化してしまうというものです。
登坂車線方式では先で再び合流しなければなりませんから、
ドライバーは登坂車線へ移るのを煩わしく思いがちですからね。
結果3車線あっても1車線があまり利用されない状態になってしまうというわけです。
どうやら中日本高速は、これまでに何度か現地実験を行ったうえで正式運用に踏み切ったようなので、
事故の増加があまり無く、渋滞も多少は緩和されたのだと思われます。
以前何かのテレビでもやっていましたが、混雑してくるとドライバーは右の車線へ移ろうとするのだそうです。
右側に車線が増える形のほうが合理的なのでしょうか。


そういえば、北陸地区でも同じような形のところがありますので、ちょっと触れておきます。
それは、石川県の国道8号金沢バイパスです。
国道8号金沢市示野地区(富山方面)走行車線切り替え ~国土交通省北陸地方整備局 pdfファイル~

こちらは中央道の例とは左右逆ですが、1車線があまり利用されていなかった点は同じですね。
それにしても金沢の国道8号は、3車線になったかと思えば2車線に戻ったりでややこしくなりました。
先の地点を含め一部区間のみ拡幅したため、このようになったのだと思います。
全線で拡幅しようにも浅野川や犀川橋梁の幅が足りませんし、海側幹線という新たな道路が整備中ですから、
費用の掛かる橋までは手をつけなかったのでしょう。

金沢外環状道路海側幹線 ~石川県~
この海側幹線、結構豪華な仕様ですが本当に実現できるのでしょうか!?
スポンサーサイト


日常生活 | 20:05:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad