■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
東京スカイツリーへ
東京の墨田区に東京スカイツリーが建設されていることを、殆どの人はご存知だろう。
それは、地デジの電波を送信するために建設されている。
本来、スカイツリーは地デジ放送が始まった03年12月までに完成してなければならなかったのだと、私は思う。
スカイツリーは、遅くとも2012年の春までには完成するとのことだが、それ以降地デジの電波はスカイツリーから出ることとなる。
今は東京タワーから送信されているが、スカイツリーからの送信へはどのようにして切り替えるのだろうか?

ウィキペディアの東京スカイツリーのページを見ると、送信周波数はTOKYOMXを除いて変更は無い。
となると、送信所を切り替えるためにもっとも望ましい方法は、
ある日、放送が深夜1時頃で終了する→東京タワー送信の地デジ電波を止める→数時間後スカイツリーから地デジ電波をフルパワーで送信する→翌朝何事も無かったかのように、放送が始まる
ではないかと、私は思う。
まさか、スカイツリーと東京タワーでしばらく同時送信を行うという事は、送信周波数が変わらない限り有り得ないことだろう。

それから、スカイツリー送信に切り替わってもほとんどの地域でアンテナの向きを変えなくても映るということを、総務省は言っているが、本当だろうか?
こればっかりはスカイツリーから電波が出てみないとわからないことなのだろうが、スカイツリーからは切り替え直後であってもフルパワーで送信しないと、難視聴地域が出てしまうのでは?


ちなみに、東京タワーのこれからの処遇は以下の記事に載っている。
スカイツリー開業後の東京タワー…結んだ契約は・・・読売新聞

地デジの予備送信塔として存続するらしい。
記事では触れられていないが、FMラジオ放送(NHK-FM、TOKYO-FM、J-WAVE、Inter-FM、放送大学)は引き続き東京タワーから送信されるので、送信塔としてはまだまだ現役である。

アナログテレビ放送が終了すれば、アナログテレビ送信アンテナは要らなくなる。
しかしながら、東京タワーのそれを撤去してしまえば、タワーの丈が短くなってしまう。。。

東京タワーの頂点に設置してある送信アンテナは、アナログテレビ1~3チャンネル用(NHK総合と教育)のはずなので、それをFMラジオ用に転用すればいいのではないだろうか?
FMとアナログテレビ1~3チャンネルは周波数帯が近いので、技術的にはそれをFM用に転用可能のはずだ。
(VHFのアナログテレビ送信アンテナはスーパーターンスタイルアンテナと言って、蝶の羽のような形をしている)
スポンサーサイト


放送受信 | 20:19:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad