■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地デジの混信障害
地上デジタル放送は、アナログ放送で見られるゴースト障害が無いという点で受信障害に強いと言われています。
しかしながら、それは混信には弱いようです。
秋田と新潟ではデジタル放送が映らなくなる受信障害が発生しているようです。
受信障害の原因は、自然現象により普段届かないところまで電波が届いてしまうことと、新潟と秋田の放送周波数の一部が同じであることです。

地デジチャンネル 来年、秋田の3番号変更 受信障害対応  ~河北新報~


詳しい解説が、以下のリンク先に載っています。
デジタル混信対策計画の解説(PDF:271KB) ~総務省 東北総合通信局~

秋田の親局周波数が、変更されることになりました。
親局の周波数が変更されるのは、これが初事例です。
新潟ではなく秋田の周波数が変更されることになったのは、秋田の受信世帯数が新潟のそれよりも少ないからだと思います。
周波数変更が実施されれば、秋田と新潟の受信障害は解消するでしょう。
しかし、別の受信障害事例もあります。


地上デジタル放送における電波の異常伝搬における受信障害  ~総務省 北陸総合通信局~

こちらは石川県の受信障害ですが、それの原因は自然現象により普段届かないところまで電波が届いてしまうことと、新潟と金沢の放送周波数の一部が同じであることです。
そうです、原因は秋田・新潟の事例と同じです。

現時点では、石川県側でどのような障害対策が為されるのかは不明です。
新規中継局を設置することで、障害が解決できればいいのでしょうが、
秋田に続いて、金沢の親局周波数も変更することになった場合、最初から新潟の周波数を変更しておいたほうが、予算も手間も掛からなかったということになりかねないのではないかと、私は不安に思ってしまいます。
スポンサーサイト


放送受信 | 11:04:32 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
これは難しいですね。

単純に石川県と秋田県の人口を合わせた数より新潟県の人口のほうが多いと考えれば妥当な判断になりますからね(苦笑)。

ただ、金沢局と兵庫県の香住局で同じ周波数が使われていたと思うのですが混信障害が発生していないのか気になります。
2010-09-14 火 20:01:57 | URL | INA [編集]
たしかに、石川県と秋田県の合計人口よりも新潟県の人口のほうが多いですね。
親局のエリア内受信世帯数を比較すると、
秋田・大森山親局は約16万3000世帯、
石川・観音堂親局は約32万8000世帯、
新潟・弥彦山親局は約62万2000世帯とのことです。
これは、手間や費用を考慮すると、新潟の親局を変更するほうが大変でしょうね・・・。


金沢局と兵庫の香住局が混信しているという話は、今のところ聞きませんね。
金沢は平地のタワーからUHF1KWでの送信ですから、さほど飛ばないのかもしれませんね。
新潟の場合は標高600mからUHF3KWでの送信ですから、飛ぶのでしょう。。
2010-09-16 木 20:49:22 | URL | わいおか@管理人 [編集]
弥彦山送信所
弥彦山送信所のおかけで富山県下新川郡では新潟県のデジタル放送が視聴できるんですがね~
2011-01-28 金 20:31:07 | URL | 飯野茂 [編集]
>飯野茂さん

仮に周波数が変わったとしても、混信が無いのと送信所の位置が変わらなければ問題なく映るのではないかと思います。
しかしそれ以前に、新潟の周波数を変えたほうが良いのでは?というのは、私の個人的な思いでした。
よって、弥彦山の周波数が変わらないでしょうから、
現状映るのであれば、これからも映ると思います。
2011-01-28 金 22:50:38 | URL | わいおか@管理人 [編集]
RCCとテレビせとうち
広島県でもRCCの地デジ周波数がテレビせとうちと被っています。
2011-06-25 土 14:36:31 | URL | 吉川淳@広島 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad