■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2月4週目の競馬回顧録
<アーリントンカップの結果>

1着:「▲」7番コスモセンサー 
2着:「○」3番ザタイキ
3着:「-」13番レト
(「」内は私の事前予想の印)

レースラップは以下の通り。
12.6 - 11.3 - 12.4 - 12.1 - 11.2 - 11.1 - 11.4 - 12.7
テンの3ハロン 36.3
上がり3ハロン 35.2

予想通りSペース気味でしたね。
ということで、1~3着は逃げか先行した馬が占めてしまいました。
私の予想印は外してますが、逃げ・先行がわかれば当てられたレースでしたし、それらの馬の候補まで事前に挙げておいたくせに、外してるんですね~。。
馬の予想以上に天気の予想の方が難しかった感じがしました^^;


<中山記念の結果>

1着:「-」3番トーセンクラウン
2着:「▲」5番テイエムアンコール
3着:「-」10番ショウワモダン
(「」内は私の事前予想の印)

12.6 - 11.7 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.8
テンの3ハロン 36.6
上がり3ハロン 38.2

ハイペースになるということと、逃げ・先行馬が総崩れするという予想は当たっていました。
不良馬場でしたので時計が掛かっていますが、それにしても上がり3ハロンは遅いですねぇ。

1着のトーセンクラウンと2着のテイエムアンコールの父は、共にオペラハウスという馬ですが、
この父系は時計のかかる馬場や道悪が得意なんだそうです。
血統は詳しくないのですが、遺伝って凄いんですねー。
スポンサーサイト


未分類 | 23:10:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad