■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
山手線向けの新車
JR山手線にはホームドアが設置されることが公式発表されています。
山手線の車両は1両につき4扉となっていますが、7号車と10号車だけは6扉となっています。
6扉車を組み込んだ理由は出入り口を増やすことで混雑緩和を図ろうとしたのですが、ホームドアを設置するにあたっては
ドアの位置がずれるという理由で厄介者になってしまい、廃止されることとなりました。

7と10号車には代わりの4扉車を組み込む必要がありますが、それが登場したようです。

それの画像はこちらから

この車両はモーターが付いていない車両(サハ)なので、モーターが付いた車両と繋がないと試運転できないため、
山手線と総武線(緑と黄)の混色編成になってしまってますね。

ザザッと調べてみると、7号車にはE231系-600番台が組み込まれ、10号車にはE231系-4600番台が組み込まれるようです。
前者のE231-600は現行の車両とほぼ同じ形態のようですが、後者のE231-4600は中央線や京浜東北線の新型(E233系)と似た形態のようです。何で同じ形態にしないでわざわざ変えているんでしょうか?
スポンサーサイト


鉄ネタ | 22:56:12 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
京阪の5000系みたいに4扉にも6扉にもなる構造にしておけばよかったのに。
2010-02-04 木 00:59:10 | URL | TAC [編集]
>TACさん

理想ならおっしゃるとおりではないかと思います。
それか、いっそのこと全て新車に置き換えて、現行車両を改造の上、長野か新潟で使えばボロの取り替えもできてよさ気に思いますがね(^^;
2010-02-04 木 21:02:23 | URL | わいおか@管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad