■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
富山の路面電車が環状化
今から約1ヵ月後の12月23日に富山市内の路面電車に新たな線が開業し、環状化します。富山市内路線図

路面電車で街中ぐるり、富山で環状線復活 yomiuri online

上がっている情報をまとめると
・環状線の運行ルートは反時計回りのみで一周約20分
・早朝深夜は20分間隔、それ以外は10分間隔で運行
・運賃は一律200円
・路面電車では全国初の上下分離方式
といったところでしょうか。

現状の市内電車は南富山と大学前を往復しています。
赤線で示した新設区間と西町→富山駅前→丸の内の既存区間を通るルートで環状運転をすることになります。
ということは、西町→富山駅前→丸の内は環状線系統と南富山大学前往復系統が重複するので、反時計回りだけ本数が多くなるのでしょうか

利用が好調になれば、赤で示した新設区間を単線から複線にして環状運転を時計回りでも行ったほうがいいかもしれません。
それから、富山駅が高架になり、富山ライトレールと市内軌道線(富山駅北と富山駅前)が直結する計画もあります。
そうなると、環状線から3つの線が放射状に分かれることになるので、上手いこと運転系統を整理しないと、利用者は混乱しそうな予感がします。

一番シンプルなのは西町-富山駅前-丸の内-西町は環状運転だけにして、大学前-丸の内折り返し、南富山-西町折り返し、富山駅前-岩瀬浜折り返しの放射3系統を設定することでしょうか。
でも、富山ライトレール線は沿線人口が多くて利用が好調なため、中心部まで直通させた方がいいかも知れません。ということで、
環状系統にプラスして大学前-富山駅前折り返し、南富山-富山駅前折り返し、岩瀬浜-富山駅前-丸の内ー西町折り返しの乗り入れを行うなんてのはどうでしょう。
スポンサーサイト


鉄ネタ | 21:14:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad