■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小竹向原~千川の改良工事説明会を聞いてきました
先日の記事で、東京メトロ有楽町線(小竹向原~千川間)の改良工事についての説明会が開催されるとの内容を書きました。

今日はそれに出て、話を聞いてきました(笑)
近隣住民向けとのことですが、私は近隣住民ではない。。
panf.jpg
パンフレットに、なぜ連絡線を設置するのかということが書かれていましたが、
内容は、以前当ブログで散々論じたのと同じです。。

パンフレットの内容をスキャンしましたのでご覧ください。
keikakuno-aramashi.jpg heimenzu.jpg jyudanzu.jpg keikaku-gaiyo.jpg tetsuduki.jpg
※クリックすると拡大できます。

パンフレットの内容から、開削工法とシールド工法を併用して新たにトンネルを掘るようです。
千川駅の小竹向原方には、この連絡線を建設する為の準備工事のような空間が存在しており、これも以前当ブログで触れました。
今日の東京メトロ側の回答では、あれは保守用の線路とのことです。ですが、あの空間は連絡線の一部になるとの回答でした。そして、連絡線はもっと外側に建設するそうなので、あの空間の外側の壁を撤去するとのこと。(左から2枚目の画像でオレンジ色で表示されている箇所)
連絡線を建設する位置は既に空間があって、あとは線路を引くだけかとも考えましたが、今回の説明会で、その説は無いとわかりました。そうでなければ開削工法・シールド工法を併用するとは言わないでしょうから。
そして、連絡線を外側に振るということで、急カーブが出来るのを避ける為に、千川駅のホームを延長して、電車の停車位置をずらすことも考えているそうです。池袋方への延長か?

工期ですが、穴を掘り出してから地上の復旧まで7年を計画しているそうです。
A線(上り線)の連絡線を建設してからB線(下り線)に取り掛かるようで、A線の着工は早ければ平成22年度に取り掛かり、平成24年度にはA線連絡線完成、平成26年度にはB線連絡線完成を予定しているとのこと。
渋谷駅で東横線と接続して直通運転を開始するのが、平成24年度の予定です。
だとしたら片方向しか間に合わないのか?

工費ですが、これはノーコメントでした。
ただ、メトロ側が負担することを考えているようで、ひょっとすると国庫からも出すことを考えているとのこと。

元々、平面交差が発生することは副都心線が開業する前からわかっていたのに、なぜもっと早くにやらなかったのか?という質問に対して、メトロ側は、その通りで反省しているとのことでした。

あと、この連絡線ができると、輸送障害時に副都心線が池袋折り返しにしているのを千川折り返しにすることが出来るとの話もありました。
keikaku-gaiyo2.jpg
赤で示した渡り線を設置することで、小竹向原駅に停車している電車の邪魔をせずに折り返しができるとのことです。
確かに、有楽町線の電車は新設の連絡線を通ればどっちのホームにも入れますし、折り返しの電車に邪魔もされません。池袋では副都心線のホームと有楽町線のホームが500メートルほど離れていますから、乗り換えるとなると一苦労ですが、千川なら階段を上る(もしくは下る)だけですから楽になりそうです。

などなどの話から、連絡線を建設するメリットが大きく、メトロは改良工事をやる気のようです。
私は「やろうと思えばこの立体交差は出来そうな気がする」との見解でしたが、その通りに話が進んでいっているのでちょっと驚きです。
スポンサーサイト


小竹向原立体交差関連 | 22:37:31 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
工事説明会の話を聞いて
私も昨日の工事説明会に出席しました。国交省資料にある予算の話が
出なかったのは、先の国会で道路特定財源が副都心線の建設に使われたことの是非が問われ、今後に影響があるため公表されなかったのではないでしょうか。

このパンフレットには計画のあらましに「平成24年度に予定されている渋谷駅における副都心線と東急東横線・みなとみらい線との相互直通
運転後の副都心線の列車本数増加への対応が可能となります。」と記されていますが、わいおかさんご指摘のとおりそれまでにA線(上り連絡線)は完成するが、B線(下り連絡線)は未完成になります。
これでは列車本数増加は見込めませんねえ。

しかしよく考えてみると地表から開削工法で施工をするには、交通量の多い放射36号線の車線や歩道を縮小して掘削しなければならないので、A線側・B線側を同時に実施するには工事エリアが広くなりすぎ交通を遮断しなければならないためできないのでしょう。あと3年で全て完成
させるのは無理ですねえ。

結局メトロの今後の見通しがあまく、もっと早く副都心線開業時に連絡線
が完成していればこのようなことにはならなかったと思います。
早急に工事を実施しもらいたいものです。

2009-10-23 金 10:29:44 | URL | 副都心線利用者 [編集]
>副都心線利用者さん

同席されていたんですね。私は会場の中では、一番の若年だったと思われます(笑)
予算の話ですが、そういう事情もあるんですね。

東横線直通運転開始までには下り線は間に合わないようですけども、上りは完成する予定とのことで、朝ラッシュのダイヤを少しいじれそうですね。
夕方の帰宅ラッシュよりも、朝の出社ラッシュの方が本数が多いですから、上りだけでも大分マシにはなるのではないでしょうか。
2009-10-25 日 14:01:28 | URL | わいおか@管理人 [編集]
将来の小竹向原駅
わいおかさん。毎度この掲示板を利用させていただき有難うございます。

あの説明会で「この連絡線ができると、輸送障害時に副都心線が池袋折り返しにしているのを千川折り返しにすることが出来る。」との話がありました。しかし千川駅のあの階段を大勢の人が上がれますか・・・。やはり将来は小竹向原駅まで運転して欲しいですねえ。

私はそれには小竹向原駅の氷川台方、西武有楽町線の構造物を過ぎた非常渡り線のある付近にどうしても引き上げ線が必要であると思っています。あれば有楽町線にも副都心線にも始発を設定できますしメトロの電車区もありますので最適な場所でしょう。今回のように道路の開削でできるならば同じではないでしょうか。長さも今回より短く引き上げ線250m程度です。氷川台~和光市のお客様は電車の本数が減ると心配する人もいるかもしれませんが、あくまで非常時用ということで、副都心線の新宿三丁目や有楽町線池袋駅のように是非造ってもらいたいものですねえ。

今平和台駅付近では都道放射35号の工事中で平成22年度に練馬北町5丁目まで開通予定になっていて、地下鉄が下に通っています。更に
今後延伸して放射36号線となり環七道路に接続することになっていますが、道路工事前に開削して地下鉄の構造物を施工すれば別々に造るよりも費用が安くなるのではないですか。最後のチャンスと思いますが。

立体交差には直接関係のない妄想で失礼致しました。



2009-10-25 日 20:41:48 | URL | 副都心線利用者 [編集]
>副都心線利用者さん

よく考えてみると、千川折り返しなら途中、要町も停車してますから、
千川が人で溢れかえったら、要町で乗り換えればマシになるのではと思います。

確かに小竹向原折り返しにしてくれれば、乗換が楽ですが、
現状の設備で、昔それをやって1日中混乱しましたからね・・。
千川・要町で乗換が出来るようになるだけでも、かなり良くなると思ったほうが賢明でしょうか。。
私は副都心線が乱れたら、有楽町線はあてにせず、振替で東上線に乗りますけどね^^;;;
2009-10-26 月 07:55:01 | URL | わいおか@管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小竹向原~千川間連絡線新設工事(2011年1月9日取材)
東京メトロ有楽町線・副都心線が分岐・合流する小竹向原~千川間では、現在平面交差となっている線路を立体交差化するための連絡線の新設工事が行われています。去る2011年1月9日に現地の状況を調査してま... 2011-03-03 Thu 01:56:24 | Reports for the future ~未来へのレポート~

FC2Ad