■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
レールの磨り減り具合
tobu-tojoline-senro.jpg
画像は東武東上線下赤塚駅付近の線路。踏み切り待ちの時に撮影。緩いカーブに位置しています。
何が言いたいかといいますと、レールの磨り減り具合です。
奥のレールがカーブ外側になりますが、本来なら”カーブ外側レールの内側”が磨り減るはずなのに、
”カーブ内側レールの外側(画像では赤丸をつけた)が磨り減っています。
kaisetsu-senro.jpg
↑解説。カーブ内側レールの外側が磨り減るのはあり得ない・・・。

考えられるのは”外側レール内側レールを入れ替えたのではないか”ということです。
カーブ外側レールは車輪との摩擦で磨り減っていきやすいはずです。
一定期間を過ぎれば取り替えなければならないわけですが、外と内のレールを入れ替えれば、新品に交換しなくてもまだまだ使えるわけです。
本当に外と内を入れ替えているとしたら、”磨り減りやすい外側だけを新品に取り替える”のよりもケチな行為と言えるでしょう^^;;;;
yahooで「線路 ゆがむ 猛暑」と検索すると、2007年のではありますが、東上線の線路が暑さで歪んだとのニュースが引っかかった。うーん、前にこのblogで取り上げた伸縮継目で伸びても歪まないように工夫されているはずなのだが・・・。
ひょっとしたら、ケチとも言える行為と線路の歪みは何らかの因果関係があったりして。。
スポンサーサイト


鉄ネタ | 14:16:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
外と内を入れ替える・・・
うーん。カーブをしているのであれば、rが違うからそう単純には入れ替えられないのでは。
きっとそこは東武鉄道最大の見せ場で、運転士どうし、片輪走行とかドリフト走行とかを競っているのでしょう。(←オイオイ)
2009-07-12 日 22:33:21 | URL | TAC [編集]
>TACさん
どう考えても内レールの外側が磨り減ることはあり得ないので、再利用しているのではと思います。
でも、やはり深夜にでも片輪走行を・・・・・^^;;
2009-07-13 月 22:22:28 | URL | Y-OKA@管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad