■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小竹向原駅の構造
 副都心線が開業してから約1年が経過し、当初に比べれば遅延障害はかなり減ってるように思います。
さて、この路線ですが有楽町線とは切っても切れない関係にあります。
副都心線が遅れれば有楽町線も遅れるのです。
池袋では別々のところにある線路が小竹向原で合流しているためです。

その合流の仕方が少々問題ありなようです。
ウィキペディアにアップされていた画像を拝借して私が少々手を加えて説明しましょう。

heimenkousa-nashi.jpg
は有楽町線からの西武線直通電車のルート。
は副都心線からの和光市・東上線直通電車のルート。
この場合は同時にホームに進入が出来る。

heimenkousa-ari.jpg
は有楽町線からの和光市・東上線直通電車が通るルート。
は副都心線からの西武線直通電車が通るルート。
4番線からは西武線へ行けないので、「西武線直通の電車は3番線に入らなければならない」という制約がある。(4番線からも西武線への渡り線を作れば何とかなるが、ホームを過ぎてからすぐに上り勾配が始まるので、渡り線の設置は無理と思われる)
ということで、緑ルート青ルートがクロスしてしまい、同時進入ができない。
 同時進入が出来ないというのが、接続待ちをも犠牲にもしています。
平面交差をするということは、どちらかの電車が先に通り、もう片方が後から通る必要があるわけです。要はタイミングをずらす必要があるわけです。タイミングがずれていても本数が少ないなら、ホームで停車して接続待ちをしていても問題ないんでしょうが、ここは本数が多いので、接続待ちをしていたら後続電車が詰まってしまいます。だから、接続は犠牲にしているのでしょう。

 なぜ、こういうことになってしまうのか?
歴史を調べてみるとあっさりわかりました。
元々、地下鉄8号線(今で言う有楽町線)は西武線と直通運転をする計画で、
地下鉄13号線(今で言う副都心線)は和光市・東上線と直通運転する計画だったのだとか。
それが、車両基地を作る土地が周辺に無かったということで、約20年前に有楽町線を和光市へ向けて作ったためらしいです。要は計画変更をしたということですね。

この解決策は、当初の計画通りに
有楽町線⇒西武線
副都心線⇒和光市・東上線

というように、直通先を固定してしまうことが手っ取り早いわけですが、これをやってしまうと、
和光市や東上線から有楽町線で通勤している人々が暴動を起こす可能性があるので到底できないのだと思う^^;;(平和台や和光市や志木に家を持っていて、通勤している人が多数いるから)

ならば、せめて平面交差が無くなればいいから、以下のようにしてみたら良いと思う。
kotake-mukaihara-rittai.jpg

副都心線の外側に有楽町線から分岐する立体交差を建設すると、平面交差は解消できる。
ちなみに、隣の千川駅では有楽町線が上層、副都心線が下層になっていて、副都心線が勾配を登ってきて有楽町線と同じ高さになり、小竹向原駅に至る構造である。
元々、有楽町線が高い位置にあるので、やろうと思えばこの立体交差は出来そうな気がする。

鉄道アナリストの川島令三氏は「小竹向原駅は立体交差の準備は出来ていて、その気になればできる」と主張しているようです。私は最近それを知りました。
この立体交差というのは私が思ったのと同じなのか?立体交差の準備とは一体何なんだろうか。今度、小竹向原駅・千川駅に現地調査に行ってみようか(笑)
スポンサーサイト


小竹向原立体交差関連 | 18:35:43 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
小竹向原駅の立体交差について
有楽町線の千川駅は、小竹向原方のトンネルが拡幅されて、今は保守用車の基地線になっています。これを本線に改良し、下段にある副都心線(最も外側の線)に接続すれば、立体交差は完成すると思いますが、取り付ける分岐器を挿入するスペ-スを確保しなければなりません。また地下道の外壁を一部取り壊し手直しする工事も必要かもしれません。
暗い車両の窓から見た範囲では、このスペ-スが確認できないのが残念ですが、メトロにやる気があればできるのではないでしょうか。
2009-07-05 日 13:14:40 | URL | 副都心線利用者 [編集]
>副都心線利用者さん
コメントありがとうございます。
千川駅は定期券の区間内ですので、現地へ行って調査して参りました。
おっしゃるとおり、保守用車の基地線らしきものが存在していました。
上層の有楽町線は外側に、下層の副都心線は内側にありました。

仮に有楽町線の外側の側線を延伸するとしたら、地下道をいじる必要があるなと感じました。
ですが、大した距離ではありませんから、メトロにやる気があればできそうな気がします。
2009-07-06 月 22:08:06 | URL | Y-OKA@管理人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad