■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
勝手に鉄の講義(笑)
先日の記事で長野行新幹線のネタを掲載しましたが、新たに考えことをしてしまったので、
ちょっとした講義にお付き合いください(笑

新幹線が開業すると、並行在来線の特急は無くなる事が多い。
北陸地区では5年後に新幹線が開通予定です。

北陸線も富山-金沢は在来線の特急が無くなるかもしれない。
東京へは乗り換えなしで早くなるのと引き換えに、今は乗り換えなしで行ける大阪や名古屋へは金沢で乗換えをしなければならなくなるのだ。

本数の削減はあるかもしれませんが、今までどおり直通するべきと思う。

新幹線が開通した後の料金を勝手に試算して、直通することのメリットがあるのかどうかを考えてみることにします。

shisan-shiryo.jpg

画像は試算に使った資料です。これを元に考えます。

・現在 
特急サンダーバードで富山-大阪は運賃5460円 自由席特急料金2520円 計7980円

・新幹線開通後、金沢で乗り換え
北陸新幹線 富山-金沢 1790円(上越新幹線の長岡-新潟とほぼ同じ距離なので)
特急サンダーバード 金沢-大阪 自由席特急料金 2310円
新幹線と在来線を乗り継ぐと、在来線の特急料金が半額となる制度があるので、
1790円+2310円÷2=2900円

新幹線も在来線もJR西日本線なので、運賃は今と同じと考えて、自由席特急料金を足すと
5460円+2900円=8360円

・第三セクター線を直通する
第三セクターに分離されるのは金沢以東なので、金沢-大阪は今と同じ。(運賃4620円 自由席特急料金2310円)
第三セクター会社はまだ設立されていないので、料金は予想してみる。
富山-金沢は59.4キロ
新潟の北越急行は全線で59.5キロ。運賃は950円。距離はほとんど同じなのでこれと同水準の運賃を設定すると仮定して、富山-金沢の運賃は950円としておく。

同じく北越急行全線の自由席特急料金は400円なので、同水準と仮定して400円とする。
運賃の足し算 4620円+950円=5570円
自由席特急料金の足し算 2310円+400円=2710円
両方を足して8280円

直通するにせよ新幹線乗り継ぎにせよ、今より料金が高くなるのは避けられないかも知れない。
新幹線で富山-金沢は20分と試算が出ているらしい。今は在来線で35分。15分速くなるが、
金沢で乗り換えしないといけないので、荷物を持っている人などは階段やらエスカレーター移動がかなり面倒。結局面倒になるだけで大して時間短縮にもならないのだと思う。料金の差はほとんど無いので、乗り換え無しの直通の方が便利だと思う。

料金に関しては第三セクター会社がどういう運賃を設定するかにもより、JR西日本も新幹線の料金を割り引くかもしれない。JR西日本からすれば「新幹線を使ってくれた方が儲かる」と思っているのは間違いないと思う。どう出るかが注目される。

特急が富山まで直通しようがしまいが、第三セクター会社は黙ってはいないと思う。
と言うのも、直通のメリットは富山県内から金沢を越えて福井京都大阪への行き来なので、
富山と金沢の区間利用に関しては、第三セクター会社とJR西日本は競合関係となる。
第三セクター会社は新幹線よりも安い料金を設定することは可能だと思う。(新幹線は特急料金が要るから)
安くて新幹線と所要時間が大差なければ十分勝算あり。高規格な線路もあるのだから、是非爆走する快速を走らせてJRを挑発して欲しい(笑

お聞きいただきましてありがとうございます^^;;;;
スポンサーサイト


鉄ネタ | 21:39:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad