■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「長野行新幹線」という呼び方
昨日行ってきた「碓氷峠鉄道文化むら」というところで写真を撮ってきたので、
今日から数日間ネタを小出しにして掲載させていただこうかと思います。

naganoiki-shinkansen.jpg
特急あさま号の解説に「長野行新幹線」という呼び方が出てきていた。
今は普通に長野新幹線と呼んでいますが、開業当初は長野新幹線と呼ばれていたそうです。
長野新幹線は正式には北陸新幹線の一部で、当時は北陸まで繋がる具体的な計画は決まっていませんでした。なので、このまま長野で建設が終わるのではないかと心配した北陸地区の人に配慮?して、とりあえず長野行き新幹線と呼んでいたらしいです。長野から東京へ向かう上りは「長野行」では無いですよね^^;;

今の計画では5年後に富山・金沢へ延びるそうです。
開通したら、
1.全線で「北陸新幹線」と案内する
2.長野まで「長野新幹線」という案内で、長野以降は「北陸新幹線」という案内をする
3.「北陸・長野新幹線」とまとめて案内する
のいずれかになると思いますね。

1はひょっとしたら長野に行けるのかと迷う人が出るかもわからないし、長い間長野新幹線と呼んでいたし、慣れているから変えないで欲しいと長野の人は思うかも知れない。

2は東京や大宮でこの案内をしてしまうと、北陸まで繋がったということがわかりにくいと思う。石川県と富山県が「北陸」という文字を入れて欲しい!と言いそうです^^;;

3は北陸にも長野にも行くことがわかるような気がする。東京駅では「東海道・山陽新幹線」と案内しているので、この案内が一番妥当のような気がする。
スポンサーサイト


鉄ネタ | 13:58:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad