■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
MROのFM補完中継局
MROテレビの絶好調Wという石川ローカル番組(水曜19時台)で
MROラジオがFM94.0MHzでも聞けることを宣伝していました。

2016-7-29.jpg
総務省から本放送免許も交付され、8月1日から本放送開始とのことです。
現時点では金沢局(94.0MHz)のみですが、
今後能登地方にも中継局を設置する予定があるそうです。
(順番からいくとまずは七尾局でしょうかね?)

こちら富山県上市町では、一応金沢局を受信できていますが、あまり良好ではありません。
こちらでは能登の中継局のほうが良好に受信できるのではないかと思います。

スポンサーサイト
放送受信 | 21:03:07 | Trackback(0) | Comments(0)
突発性難聴
私事ですが、突発性難聴を発症してしまったようです。
症状の程度が軽かったことと、早く耳鼻科へ行ったことが良かったのだと思いますが、
一週間程度で回復しました。
しかし、一歩間違っていたら更に悪化して耳が聞こえなくなっていた可能性もあったわけですから、
ゾッとします。

突発性難聴とは・・・
厚生労働省指定の特定疾患で、
ある日突然耳づまり感や耳鳴り・ひどい場合めまい・吐き気を伴う症状が出て
聴力が落ちてしまうもので、原因はまだはっきり解明されていないようです。
片耳だけの発症が多く、年齢はあまり関係ないようです。

早期診断と早期治療で回復する確率が高いが、
遅いと聴力が回復しにくくなるとのことです。

みなさまもある日いきなり発症するかもしれません。
もしも異変を感じたら、できるだけ早く(できれば2日以内)に
耳鼻科の医師に診てもらってください。



以下は私のケースです。
私の場合は、朝起きたら左耳の耳鳴りと水が入った時のような詰まり感を感じました。
しばらくして収まる様子が見られなかったという点と、
ネット検索で突発性難聴の場合は早期に治療をはじめなければ、治りにくくなるとの記述を発見したため、
その日のうちに耳鼻科へ行くことに。

聴力検査を行うと、やはり耳鳴りがした左耳の聴力が全体的に少し低下していました。
鼻から耳へ空気を通してもらいましたが、改善しませんでしたので、
やはり軽い突発性難聴だろうとの診断でした。
プレドニンというステロイド剤の点滴をうってもらい、
一週間分の薬(ビタミン剤と耳鳴り緩和剤と抗不安薬)をもらってきました。

症状の程度が軽かったのは幸いでしたが、
一番きつかったのは”今後回復するのか、更に悪化したらどうしよう・・・”という
不安感でした。

更に一週間後だいぶ良くなったと思うが、違和感がまだ残っているような気がしたため、
耳鼻科へ行くことに。
聴力検査では、ほぼ回復しており問題なくなっていました。
とりあえず安心ですが、今後再発しないことを願うばかりです。

日常生活 | 21:09:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad