■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京タワー
ニュースになっていましたが、
取替え工事をしている東京タワーの先端支柱から、古びた軟式ボールが出てきたようですね。
あの大震災で先端が曲がってしまったために取替え工事をする羽目になったわけですが、そうでもなければ、
その軟式ボールの存在が分かることも無かったでしょう。
今回触れたいのは、このボールのことではなく先端付近の送信アンテナについてです。


以下のpdfファイルに興味深いものが載っています。
株式会社エフエム東京 第388回放送番組審議会 pdfファイル

東京FMは、東京タワーの送信アンテナを頂上付近に移設することを計画しているようです。
東京タワーの先端のアンテナは、NHKがアナログテレビ(VHF1ch・3ch)で使っていましたが、
それを東京FMがそのまま使用する計画だったんですね。
VHFの1~3chは90MHz~108MHzですが、FMラジオは76MHz~90MHzですので、隣の帯域です。
よって、技術的にアナログテレビのアンテナをFMラジオへ転用可能ということです。


出力は現在と同じ10KWのままアンテナが高い位置へ移動するわけですから、
スカイツリーへ移動したNHK-FMとJ-wave同様に、東京FMもかなり受信状態がよくなることでしょうね。

現在我が家でもかすかに受信可能ですが、更に良くなるのを期待したいところです。
しかしながら、前回触れた80.1MHzの砺波中継局が強く届くと東京FMが受信不能になってしまうかもしれませんが。

スポンサーサイト
放送受信 | 21:29:17 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。