■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
radikoはエリア拡大へ
明後日12月1日からradiko(パソコンで地上波のラジオが聞けるサービス)が本格運用に入り、
それと同時にエリアも拡大されるらしい。

「ラジオ復活を」 好調radikoが会社化、名古屋などエリア拡大 ~ITmediaNEWS~

今回拡大されるのは、関東圏は茨城・栃木・群馬、関西圏は滋賀・和歌山となっている。
これらの地域は、広域局の放送エリアとして認められているにも関わらず、電波が弱いもしくは届かない状態が長年続いていた。これで名実共に放送エリアに入る。


それから、タイトルにもあるが来年春までには北海道・名古屋・福岡でもサービスを開始する計画があるらしい。
私は以前当ブログで、radikoの今後について触れていたのだが、
これほど早くこれらの地域へエリアが拡大されるとは思っていなかった^^;

個人的には、NACK5が早く聞けるようになって欲しいところだ^^

スポンサーサイト
放送受信 | 20:37:14 | Trackback(0) | Comments(0)
デジタル契約へ移行
以前にも触れたことではあるが、先日我が家のケーブルテレビがデジタル放送に切り替わった。
機器は自分で取り付けても良いのか?ということを父は問い合わせたようだが、それは駄目だったようで工事料約7000円は支払ったらしい。

取り付けてもらったセットトップボックス(STB)はこれだ。
pana-STB1.jpg pana-STB2.jpg
パナソニックのTZ-DHC521という機種だった。

pana-STB3.jpg
C-CASカードとB-CASカード。
ケーブルテレビ用のB-CASカードは黄色。市販のデジタルテレビには赤いB-CASカードが付いてくるが、それとこれは全く同じ機能だ。

pana-STB4.jpg
背面の端子はこうなっている。
HDMI端子が1つあるので、デジタルテレビと繋げばHD画質で番組が見られる。
しかしながら、i-LINK端子が省略されている。
これがないとHD画質で録画することができないのだ。。。

HD画質で録画したい場合は、ブルーレイレコーダー付きのSTBをレンタルする必要があるが、
それをやるには月額2100円の上乗せが必要になり、月額合計5565円にもなってしまう。
これだけ高いと110度CSデジタルのスカパーe2!の方がお得かもしれない。
なぜなら、e2は市販のレコーダーでHD画質録画が可能で、しかもそのレコーダーがW録画対応ならば2番組同時録画も出来てしまう。
それから、すでにBS・110度CSアンテナが付いていれば工事は不要で、契約処理をするだけである。
それでもって、料金は基本パックで月額合計3980円である。

スカパー!e2はまだHD画質チャンネルが少ないが、地デジ化で110度CS対応のデジタルテレビがかなりのペースで普及していることを考えると、それは行く行く増えていくものと思われる。
地デジもアンテナでクリアーに映るということからも、ケーブルテレビからお客さんが離れていってしまうのではないかと思うのだが、このままで大丈夫なのだろうか。。

放送受信 | 19:56:32 | Trackback(0) | Comments(0)
北陸新幹線の話題を幾つか
大阪府の橋下知事は16日、ルートが決まっていない北陸新幹線の敦賀以西を米原ルートで建設するのが最適という考えを示したそうだ。

【橋下日記】(16日)北陸新幹線について「滋賀県には負担させられない」 ~MSN産経ニュース~

それから、同日に滋賀県の嘉田知事も北陸新幹線に関する見解を示している。

「地元で財政負担は無理」 北陸新幹線建設で滋賀県知事が見解 ~MSN産経ニュース~


整備新幹線は、沿線自治体の財政負担割合を線路の距離によって決めるというスキームがある。
今回、滋賀県はその負担をする気はないことを示したことになる。
やはり、滋賀県は北陸新幹線にメリットを感じていないようだ。
嘉田知事といえば、東海道新幹線の新駅である南びわ湖駅の建設凍結を公約に掲げ当選、そして実際に凍結に追い込んだ経緯がある。
南びわ湖駅を建設凍結にした理由は、米原駅・京都駅を利用すればいいというものだ。
確かに、滋賀県は130km/hの新快速が走っており、米原駅・京都駅へは30分あれば到達できてしまう。
大津に至っては京都までたった10分で、近すぎて京都市大津区と揶揄されることがあるらしい(笑)
滋賀県民にとっては、たまにしか乗らない新幹線よりも、通勤で使う新快速のほうが大事なのだろう。


滋賀県が財政負担をする気が無い意思を示したことで、現行スキームでは米原ルートでの建設が難しくなったのではないだろうか?
但し、大阪府は財政負担を考えているそうなので京都府や兵庫県なども負担するとなれば、その限りではなくなるが、それはもはや距離負担ではなく受益負担そのものだろう。
新潟県も距離負担に対し猛反発しているので、政府はこの機会にスキームを受益負担に変えてしまえばいいのではないだろうか。従来どおり杓子定規で距離負担にしてしまえば、滋賀県が猛反発するのは目に見えているし、
北陸新幹線の全線開通がおじゃんになりかねない。


それから、滋賀県知事の意思表示によって滋賀県内の在来線が経営分離される可能性も低くなったと見ていいかもしれない。
滋賀県が新幹線を欲したわけではないから、平行在来線を経営分離するのは筋としておかしい。
北陸線の近江塩津以南はICOCAも使えるようになっていて、新快速も乗り入れているので、JR西が引き続き持つことになるのではないだろうか。

鉄ネタ | 20:23:38 | Trackback(0) | Comments(4)
こうのとり
JR西日本の特急「北近畿」の名称が、来年3月から「こうのとり」に変更されるらしい。

特急「北近畿」を「こうのとり」に改称 来年3月から ~asahi.com~

その特急「北近畿」が「こうのとり」へ変更されるのと同時に、車両も新型が投入されることが決まっている。
その車両が、東大阪の近畿車輛で製造されているようだ。


「・・・近畿車輛情報」~なかさんの鉄道のんびり村~

外見がサンダーバードとそっくりというのは、私も同感だ。
コストダウンのために、部品などもサンダーバードと極力揃えているだろうから、
内装もそっくりになるんだろうなぁと思ってしまう。。

鉄ネタ | 21:31:50 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。