■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
めざましテレビの赤時計
フジテレビ系列の平日朝の番組がめざましテレビだということをを知らない人はほとんどいないのではないかと思います。
あの番組も長寿番組になりつつありますね。

さて、めざましテレビを見ていると左上に赤色で時刻の表示が出ています。
「そんなもんどこの局も出してるんだし、だから何だ!」ということになりますが(^^;)ポイントは全国どこで見ても時計の色やデザインが同じということです。
bbt-tv.jpg ishikawa-tv.jpg
左・・・富山テレビ  右・・・石川テレビ
「めざましどようび」より収録。

それ以外の系列は実は地域によって色やデザインが違っているのです。
tulip-tv.jpg mro-tv.jpg
左・・・チューリップテレビ  右・・・北陸放送
TBS系列「知っとこ」より収録。


「それもだから何だというのだ!!」ということになりますが(^^;;)地デジではその時計が本当に合っているのか?という疑問が沸いてきます。
というのも、既知の方も多いと思いますが、地デジはアナログよりもワンテンポ遅れて表示されています。
これはデコード(電波に載って来た映像・音声情報を圧縮解凍すること)が行われているためです。
チャンネルを変える時、アナログはパッパッと切り替わりますが、地デジはワンテンポ遅いのがまさにそれです。
NHKテレビのプップップッポーンという時報が消滅したのもこれの影響です。
根拠となるソースも存在しています。

Q.地上デジタル放送の時報は、なぜなくなったのか NHKオンライン

めざましテレビの赤時計は東京のフジテレビから全国へ送出されているので、どこで見ても同じ色・デザインだったというわけです。
アナログ放送はデコードが不要なので、東京から全国へ送出してもほとんどズレないので問題ありません。
しかし、地デジは厄介なことに各地で遅延秒数が違うようです。
例えば全国一律で2秒遅れるというように遅延秒数が全国一律なら、放送局側が2秒ずらして送出すれば問題ないでしょう。
各地で遅延秒数が違うということは、以前当ブログでも検証しました(笑)

地上デジタル放送の遅れ
地上デジタル放送の遅れ・・・その2


各地で遅延秒数が違うということは、映像に載っている時計もその分だけズレているはずです。
では、めざましテレビの時計にはズレがあるのかを見てみると・・・。




目を凝らしてみると、わずかに右(石川テレビ)のほうが時計の切り替わりが遅いですね。
このことから、地域によっては若干のズレがあることがわかりました。
別に普通に視聴する分には数秒遅れていたってどうでもいいことでしょうが、一刻を争う緊急地震速報は数秒の遅れでも致命的のように思いますね^^;;

スポンサーサイト
放送受信 | 10:40:09 | Trackback(0) | Comments(2)
225系が報道陣に公開
先日、JR西日本の新型車両である225系が完成したという記事を書きましたが、
17日に報道陣に公開されたようです。

脱線教訓生かし安全重視 JR西「225系」公開 MSN産経ニュース

JR西日本の看板電車も221系→223系→225系というように3代目になりました。
リンク先に載っていた車内の画像を拝見しましたが、521系同様手すりやつり革がオレンジ色ですね。
それから、シートの模様が従来とは違っているようにも見えます。


天井には停車駅などを表示するテレビが付いているのが目に付きます。
これは各駅停車で運用されている321系で既に採用されています。
東京近郊の電車はドアの上にテレビが付いていますが、天井についているというのが大きな違いですね。
シートの向きが違うので、この車両の場合は天井についていた方が見易そうです。


テレビがついている東京近郊の電車はアナウンスも自動になっていて、車掌さんは補助で喋るだけになっていますが、
JR西はテレビがついている321系でも車掌さんの肉声アナウンスのようですね。(関空快速は自動アナウンスらしい)
従来のアナログ的な部分と新しいデジタルな部分を併せ持たせるのはJR西の得意技です(笑)


関空快速だけ自動にしていることから、JR西が自動放送にするかしないかの決め手は英語アナウンスをするかしないかなのでしょうか。
言われてみれば、車掌さんが肉声で英語アナウンスをしているのを聞いたことがありませんし。
自動英語アナウンスならネイティブな発音で「ジ ネクスト ステーションニズ・・・」となりますけど、ろくに英語が喋れない車掌さんがやってしまうと「ザ ネクスト ステーションイズ・・・・」になってしまいそうですしね^^;;;

鉄ネタ | 22:28:20 | Trackback(0) | Comments(2)
競馬ネタは独立させました
このブログは元はホームページに付随する内容で更新するつもりで作りましたが、いつの間にやら鉄道ネタやら競馬ネタなどが入り乱れるようになり何のブログかがわからなくなっていました。
そこで、競馬ネタは新たに作ったブログで更新していくことにしました。

わいおかの競馬ノート
http://waiokahorse.blog27.fc2.com/
興味のある方は、覗いてやってください^^


お知らせ | 00:20:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ヴィクトリアマイルの回顧+α
<第5回 ヴィクトリアマイル(G1)東京芝1600mの回顧>

1着:「○」11番ブエナビスタ
2着:「-」2番ヒカルアマランサス
3着:「-」10番ニシノブルームーン

12.2 - 10.6 - 11.0 - 11.7 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0=1:32.4
テンの3ハロン 33.8秒
上がり3ハロン 34.9秒
1000m通過 57.5秒

先週から引き続いて馬場の状態が良かったようですが、勝ち時計は去年と全く同じとなりました。
ただ、私は1000m通過は58秒台よりは早くならないと予想していましたが、思ったより早くなり57秒台になってしまいました。ペース読みから失敗ですね^^;;
ハナにこだわる逃げ馬が不在でスローペースが予想されているG1レースは、先行争いが激化してしまい思ったよりも速くなる事が多いように思いました。これからも注意しなければいけません。(と言ってもペースはゲートが開かないと未知の面も多いですが)

ブエナビスタは勝ちましたが、余裕の勝ちではなくぎりぎり差しが届いたといった具合です。
レッドディザイアも最後の伸びがいまいちだったように見えましたね。
内の馬場が良すぎたようで、内で先行したヒカルアマランサスはちゃっかり2着です。
当レースの2レース前の8Rで母父ボールドルーラー系のクリールトルネードが勝ちましたが、ヒカルアマランサスも母父ボールドルーラー系でした。終わってみれば・・・ですね^^;;

馬券ですがブエナビスタ、レッドディザイア軸のワイドをそれぞれ押さえていましたが、相手にヒカルアマランサスを入れていなかったため、残念な結果となりました。

ここからは+αの部分になりますが、
このブログは、元はHPの補助的な意味合いで開設しましたが、今になっては鉄ネタやら競馬ネタやら本来の意味合いからは大脱線するようになってきました(笑)
そこで、まずは更新頻度の多い競馬ネタだけを独立でもさせようかと考えています。
新ブログのタイトルをどうするかですが、
「わいおか競馬ブログ」とすれば普通ですね。
「馬券の紙吹雪」「うま模様」
それから「わいおかの予想がいつも外れて恥をさらしているブログ」などなど(笑)案がありますが、何かアイディアがありましたらお寄せいただけると嬉しいです。

未分類 | 19:02:13 | Trackback(0) | Comments(0)
ヴィクトリアマイル(G1)の予想
<第5回 ヴィクトリアマイル(G1)東京芝1600m>

土曜日は良く晴れましたが、引き続き日曜も晴れそうです。
ということで、府中の芝は良でしょう。

先週のNHKマイルと同コースで行われますが、今週からBコースに変わっています。
馬場状態は引き続きかなり良好のようで、内を先行したり内から差す競馬が目立った気がしました。
土曜は芝1600mレースが2本行われたので、様子みましたが、2本とも平均~スローで流れ、さほど厳しい流れにはなりませんでした。

血統的には
 6R4着ケイアイプログレス
10R3着ダノンヨーヨー
がそれぞれ掲示板圏内に入りましたが、サンデー系×ミスタープロスペクター系という配合という点が共通しています。

1400mコースも含めると、
 5R2着ホットチリペッパー
11R2着マルカフェニックス
11R3着アーバニティ
が同じく母父ミスタープロスペクター系でした。

それから、
 6R1着サニーダニエル
 6R5着ニシノバルドダーン
10R2着ジョーメテオ
の3頭は母父トニービン(グレイソブリン系)というのが共通していました。
共に中団から前で競馬したというのも共通していました。


展開ですが、先週のNHKマイルと違って逃げそうな馬があまりいません。
このレースは毎年中盤が緩みやすいというのもありますので、どれかが思い切って逃げたりしない限りは厳しいペースにはならないのではないかと思います。例年1000m通過が58~60秒の間に収まっており、今年も58秒台よりも遅くなる可能性があると思っています。


◎17番レッドディザイア
ブエナビスタに対抗しえるのはこの馬くらいな気がしますが、先週のNHKマイルと同じ血統の傾向が出るならば
マンハッタンカフェ産駒のこちらを選びたくなります。
ただ、外枠を引きましたし、毎回後ろから競馬する馬なので、届かないかもという不安はあります。

○11番ブエナビスタ
前走の京都記念で前でも競馬が出来て勝ったので、前が塞がれたなどよほどのことが無い限りは、今回どの位置から競馬しても勝ってしまいそうな気がします。

▲4番ウェディングフジコ
土曜の競馬では中盤が緩んで先行した母父トニービンの馬が掲示板圏内によく入っていましたので、
この馬も内で先行できれば残れるのではないかと思い印を打ちました。
ただし、前で競馬出来ればの話で後ろから行ってしまった場合、瞬発力では分が悪そうです。

△15番アイアムカミノマゴ
先週のNHKマイルもそうですが、このレースもサンデー系×ダンチヒ系という血統は悪く無いと思います。
若干距離が長い気もしますが前半のペースが落ちれば問題ないと思います。
外枠というのが不安ですが、スローになってくれれば前にもいけると思いますしそれに期待したいところです。

△18番プロヴィナージュ
内枠を引いていればもっと上位の評価をするつもりでしたが、よりによって大外枠を引くとは思いませんでした。
東京新聞杯の持ち時計からG1の早いペースにもついていけると思います。
出遅れはほとんどないようですので、スタート後何とか前に行って好位を取れないものかと思います。

△3番ラドラーダ
母父Seeking the Goldなのでミスタープロスペクター系になります。
末脚はありますが、内枠で先行できなければ包み込まれて前に出られないのではないかと不安になります。

土曜の夜の時点でこうなりましたが、もっと考えて、日曜の昼には確定させようと思っています。

<追記>
この印で確定します。変更はしません。

未分類 | 21:33:02 | Trackback(0) | Comments(0)
東北新幹線 新愛称は「はやぶさ」
東北新幹線が今年の12月、新青森まで延伸開業しますが、
その後走り出す新型車両(E5系)の愛称が「はやぶさ」に決定したそうです。
E5kei-kitanipponshimbun.jpg
12日付け北日本新聞朝刊より

東北新幹線、12月4日新青森開業 名前は「はやぶさ」 asahi.com

「はやぶさ」。。どこかで聞いたことがあるなと思ったら、昨年3月まで走っていた東京~熊本間の寝台特急と同じ愛称ですね。
当ブログで以前、新愛称は何になるかを少し考えた時は「はつかり」「みちのく」「はくつる」あたりがいいんじゃないかと案を上げ、メロスという案もコメントで寄せられましたが、どれにもなりませんでしたね。はやぶさになるとは夢にも思いませんでした。
慣れの問題なんでしょうが、はやぶさ=九州というイメージが強いのでしばらく違和感がありそうです。


それから、新型車両のE5系にはグリーン車の更に上の格であるスーパーグリーン車を連結すると発表されていましたが、そのスーパーグリーン車の名前が「グランクラス」になったようです。
昔の日本の列車は1等車(イ)2等車(ロ)(現グリーン車)・3等車(ハ)(現普通車)と区別されていました。1等車に相当するのは今はありません。
JRの車両には「サハ・モハ」というようにカタカナで称号がついていますが「ハ」が付いていることで普通車ということがわかりますね。(ちなみにサは運転台もモーターも無い付随車で、モはモーター車です)

この「グランクラス」ですがグリーン車(2等車)より上の格という点で旧1等車に相当していますので、
「サイ・モイ」なんていう称号は付かないんでしょうか?

鉄ネタ | 19:21:30 | Trackback(0) | Comments(0)
また肌寒い
今日、こちらでは午後から雨になりましたが、それと共に気温が下がり肌寒くなってきました。
先日は最高気温が30度を超えるような暑さでしたが、今日は15度くらいだったのではないかと思います。
電気ストーブが復活する羽目になりました。。
あまりの乱高下に先日から体調を崩してしまい、鼻水が止まらなかったり頭痛がしたりと大変でした。

何度かこのブログで触れていますが、寒くなると決まってうちの猫が室内に入ってきます(笑
はい、今日は入ってきました。先日まで呼んでも知らんぷりだったんですけど・・・。
samugarineko.jpg
こいつは人一倍、いや猫一倍(?)寒がりです。何年か前の冬、こいつが寒さで衰弱しながら勝手口の前で座っていたのを捕まえて、部屋の中で暖めてやったら回復したんだそうです。それ以来寒くなったら入ってくるようになったということを母親から聞きました。
まあ、賢いこと。

日常生活 | 20:04:28 | Trackback(0) | Comments(2)
ヴィクトリアマイルを考える
<第5回 ヴィクトリアマイル(G1)東京芝1600mの展望>

今週の日曜には第5回ヴィクトリアマイル(G1)が行われます。
先週のNHKマイルと同一コースでの開催となります。

06年 稍 12.6-11.2-11.6-12.1-12.2-11.4-11.3-11.6=1:34.0 1000m通過 59.7
07年 良 12.3-10.8-11.7-11.8-11.6-11.2-11.2-11.9=1:32.5 1000m通過 58.1
08年 良 12.4-11.3-12.0-12.2-12.1-11.2-11.0-11.5=1:33.7 1000m通過 60.0
09年 良 12.2-10.8-11.7-12.0-11.9-11.2-10.8-11.8=1:32.4 1000m通過 58.6

このレースが設定されたのが06年からなので、今年でまだ5回目です。
過去4年のラップを眺めてみると、テンの3ハロン(スタートから600m)タイムが34秒台後半~35秒台となっており、
前半1000m通過も一番早かった07年でも58秒台前半となっていて、先週のNHKマイルカップほど早く流れていません。その分上がり3ハロン(ゴール手前600m)は33秒台後半~34秒台と早くなっています。
NHKマイルは牡馬牝馬混合ですが、当レースは牝馬限定なので中盤緩みやすいのではないかと思われます。
血統的にはサンデーサイレンス系が上位に来る事が多いようで、フジキセキ産駒が07・08年と勝利していることから、NHKマイルと似た傾向が出ているように感じます。

ただ、ちょっと気になるのが、07年まではNHKマイルもヴィクトリアマイルもAコース(最内)での開催でしたが、去年からはヴィクトリアマイルはBコース(Aコースから3m外側に仮柵を設置)での開催となっているところでしょうか。去年はフジキセキ産駒は上位には入っていませんが、そもそも該当馬がいなかったようなので、Bコース変わりが血統傾向に影響したかどうかはわかりませんね。
先週の馬場状態はかなり良かったですから、Bコースでも内の馬場は良好でしょう。
内を通る逃げ馬と内で溜めて瞬発力を発揮しそうな馬には要注意ではないかと思います。

面白そうなのはウェディングフジコでしょうか。フジキセキ産駒なのでサンデー系とセントサイモン系を併せ持っている(先週のNHKマイルと同じポイント)ことになりますし、母父トニービンなので東京1600mでは好走血統のはずです。
それからプロヴィナージュも父フレンチデュピティにセントサイモン系が入っているので、サンデー系とセントサイモン系を併せ持っていることになります。双方とも1800~2000mが主戦場で今回短縮になりますし、先行もできそうですから内枠に入って欲しいです。

未分類 | 20:01:44 | Trackback(0) | Comments(0)
NHKマイルカップの回顧(予想はほぼ的中!)
<第15回 NHKマイルカップ(GI)東京芝1600mの回顧>

1着:「△」13番ダノンシャンティ
2着:「◎」1番ダイワバーバリアン
3着:「○」3番リルダヴァル
4着:「▲」4番サンライズプリンス

12.1 - 10.4 - 10.9 - 11.4 - 11.5 - 11.5 - 11.6 - 12.0=1:31.4

テンの3ハロン 33.4秒
上がり3ハロン 35.1秒
1000m通過 56.3秒

昨日今日の平場のレースでは早い時計が出ていましたが、このレースでも最速記録(レコード)が出ました。
事前の展望では、中盤のラップが減速せず全て11秒台を刻み、1000m通過が57秒台前半を刻む必要があるという点に注目していましたが、予想どおりエーシンダックマンが逃げに逃げたので、1000m通過は56秒台というハイペースに流れました。中盤はほぼ11秒台を推移し、3ハロン目は10秒台で流れています。
注目していたポイントに見事に嵌ってくれました。

ダノンシャンティが猛烈なハイペースにも関わらず勝ってしまったのは、大したものだと思いました。
個人的には、来ないほうが大本線的中だっただけに惜しいですが^^;;;

馬券ですが、素直に◎を打ったダイワバーバリアンを軸に三連複とワイドを買っておけばそこそこついたにも関わらず、直前になって▲を打ったサンライズプリンスを軸にワイドだけに絞って買ってしまったのが失敗でした。
複勝のおかげでわずかに収支はプラスにはなりましたが、これだけ予想が的中しておきながら大してプラスにならないというのはちょっと残念ではありましたね(苦笑

来週はNHKマイルと全く同じ東京1600mでヴィクトリアマイルがありますので、こちらも楽しみです。
ところで、今日の上位三着の馬番は13-1-3ですね。1と3といえば東京地区のNHKのチャンネル(アナログ)じゃないですか!NHKマイルカップだけにこんなところにヒントがあったのかぁという感じです(笑)

未分類 | 16:46:12 | Trackback(0) | Comments(0)
NHKマイルカップ(GI)の予想
<第15回 NHKマイルカップ(GI)東京芝1600m>

金曜は全国的に雨が降りましたが、今日は一気に回復して晴れましたね。
引き続き、日曜も晴れる予報が出ているので、芝コンディションは良でしょう。

展開ですが、エーシンダックマンとパドトロワとコスモセンサーが出走しますので、スローペースにはならないと思われます。元々、東京1600mコースはスタート地点から3コーナーまでの直線が長いので、スピードがつきやすいコースでもあります。
エーシンダックマンがどれだけ引っぱってくれるかに掛かっている気がしますが、この馬が逃げて、パドトロワとコスモセンサーが追従するようなら、ハイペース気味になるものと考えられます。


土曜日に芝1600mのレースがあれば馬場状態や時計の出方などが把握しやすいのですが、
残念ながらありませんでした。ただ、1600mとほぼ同じコースの1400mと1800mレースは計3本ありましたので、参考のために確認してみました。
東京7R芝1400mでは1着がワンモアジョー(父ツルマルボーイ×母父フレンチデュピティ)でしたが、フレンチデュピティの母父はセントサイモン系ですので、サンデー系とセントサイモン系を併せ持っています。
それから、12番人気で4着に入ったエンターズシャドゥ(父アグネスデジタル×母父フジキセキ)でしたが、アグネスデジタルの母父はダンチヒ系でフジキセキの母父はセントサイモン系なので、サンデー系とダンチヒ系とセントサイモン系を併せ持っていることになります。
そして、早い時計が出ていたことと前が結構残っていたのもポイントになりそうです。
展望で書いた東京1600mコースの好走血統に向いてきたと見ていいのでしょうか?


◎1番ダイワバーバリアン
マンハッタンカフェ産駒です。マンハッタンカフェの母父はリボーなのでセントサイモン系です。
前走のニュージーランドTでは1:33.2の勝ち時計を持ってますので、早い流れにも対応できるのではないかと思います。小回りで直線が短い中山から広くて直線が長い東京に変わるのが、どう影響するか不安ではありますが。。

○3番リルダヴァル
この馬は能力は高いと思います。
この枠なら逃げ馬の後ろあたりで先行して、ゴール前の直線で末脚炸裂というシナリオが考えられます。
土曜日のレースを見ると前残りが多かったので、この馬の場合は中団にはいたほうがいいと思いますが。

▲4番サンライズプリンス
少々出遅れることが多いのが不安ですが、そうでないなら内で先行できそうな良い枠を引いたと思います。
血統的には展望で挙げた条件ではないですが、頭一つ抜けた存在なのは無視できませんでした。

△13番ダノンシャンティ
父がフジキセキなので、サンデー系とセントサイモン系を併せ持っています。
しかしながら、この馬は今までスローペースでしか勝ってきていないので、ハイペース濃厚の今回は不安です。

△15番ガルボ
マンハッタンカフェ産駒ですので、血統的な狙いではダイワバーバリアンと同じです。
この馬は今まで3着以内に入ったのは東京と京都だけなので、広いコースの方がいいのかもしれません。

△12番キングレオポルド
フジキセキ産駒ですのでサンデー系とセントサイモン系を併せ持っています。そして、東京1600mコースでも勝った経験があるようです。しかしながら、それ以外に勝ったときも含めてテンが36秒台より遅くなった時しか勝てていないのは不安です。今回は早くなりそうな気配がありますので。

<追記>
サンライズプリンスとガルボの評価を入れ替えました。
サンライズプリンスは前走の勝ち時計が早いので、当レースのペースにもついていけるのではないかと思います。

未分類 | 20:35:24 | Trackback(0) | Comments(0)
NHKマイルカップ(GⅠ)の展望
<第15回 NHKマイルカップ(GI)東京芝1600mの展望>

普段、私は展望は書きませんでしたが、今週は気になったことがあったので、メモ代わりに記しておきます。

東京の1600mコースはサンデーサイレンス系とセントサイモン系を併せ持つ馬とサンデーサイレンス系とダンチヒ系の血を持つ馬が好走する傾向があり、このレースもそのような傾向が出ているようです。
その中でも06年と09年は、その傾向に該当する馬がそれぞれ2頭ずついました。

それからレースラップですが、コース改修後の7年間の当レースのラップを眺めてみると、
 
03年 良  12.0-10.9-11.2-11.7-12.0-11.6-12.1-12.7=1:34.2 1000m通過 57.8
04年 良  12.1-10.7-11.1-11.7-12.2-11.6-11.7-11.4=1:32.5 1000m通過 57.8
05年 良  12.5-11.0-12.0-11.9-12.0-11.3-11.3-11.6=1:33.6 1000m通過 59.4
06年 良  12.1-10.8-11.3-11.5-11.8-11.7-11.5-12.5=1:33.2 1000m通過 57.5
07年 稍  12.1-10.5-11.6-12.0-12.3-11.5-11.7-12.6=1:34.3 1000m通過 58.5
08年 稍  12.2-11.0-11.4-12.1-12.5-11.7-11.2-12.1=1:34.2 1000m通過 59.2
09年 良  12.2-10.8-11.3-11.2-11.7-11.5-11.7-12.0=1:32.4 1000m通過 57.2

06年と09年では共通項があるのに気がつきました。
1ハロン目は12秒前半のラップを刻み、2ハロン目は10秒台のラップを刻み、それ以降の3~7ハロン目までは全て11秒台のラップを刻み、最後の1ハロンは12秒台を刻むという点です。中盤が緩まないということで、1000m通過が57秒台前半になっているのも共通項です。
1ハロン目と2ハロン目は毎年同じような傾向を示しているので06・09年に限ったことではありませんが、
3~7ハロン目が全て11秒台を刻んだのは06年と09年だけでした。
4ハロン目・5ハロン目はちょうど3~4コーナーのカーブ地点となっているため、減速しやすいのでしょう。
それでも減速しなかった06年・09年はハナにこだわる逃げ馬や先行馬が複数頭いたようです。
ひょっとすると、先の血統傾向でハマるには、中盤のラップが減速せず全て11秒台を刻み、1000m通過が57秒台前半を刻む必要があるのかもしれません。


で、今年はどうなのかということになりますが、エーシンダックマンが出走するかどうかが鍵になるのではないでしょうか? 

この馬の成績を見ると、過去9走全てで逃げを打っており、レース中盤は不良馬場だった1レースを除いて、全て11秒台を刻み、1000m通過タイムも57~58秒を刻むという馬です。
この馬の前走は4月25日の橘ステークスですが、このレースは京都1400mコースということで、スタート後の直線が長く、コーナーを2つ通過するという点では東京1600mコースと似ています。右回りか左回りという違いはありますが。
橘ステークスのラップは
12.1-10.8-11.5-11.3-11.4-11.4-12.1
となり、中盤は全て11秒台を刻み、前半1000m通過タイムも57.1秒でした。
それから、橘ステークスでエーシンダックマンのすぐ後ろで逃げたパドトロワが今年のマイルカップに登録しています。エーシンダックマンと共にパドトロワが逃げを打ってくれれば、橘ステークスの再現のように、先の条件を満たしてくれる可能性が大きいのではないかと思い、期待したいところです。

未分類 | 18:51:34 | Trackback(0) | Comments(0)
225系登場
昨年の9月、JR西日本は新快速の後継車両として225系を製造するという発表をしましたが、
とうとう最初の車両が完成したようです。


「・・225系・試運転」
ブログ「なかさんの鉄道のんびり村」より


9月発表の当初は外観の色が決まっていなかったようですが、画像を拝見しますと、現在の新快速(223系)と同じ色になったようです。
ぱっと見の違いは窓の配置と、正面の顔でしょうか。
正面は吊り目顔で、個人的にはあまり格好良く思いませんでした。今の223系の方がいいです^^;
この車両は、しばらくは性能試験をする予定だそうなので、お客さんを乗せて走る営業運転に就くのはまだまだ先となりそうです。
JR西にとっては新快速は看板電車ですので、力を入れたいのはわかりますが、
もうそろそろ、大阪環状線の車両を新しくしたほうがいいんじゃないでしょうか?

鉄ネタ | 14:01:34 | Trackback(0) | Comments(10)
散歩がてら
先月までは肌寒い日が続いていましたが、GWに入ってからは急に暖かくなりました。
特に今日は昼間は暑いくらいでしたね。

これだけ天気が良いとふらふら~っとどこかへ行ってしまいたくなるものです。
折角なのでサイクリングでもすることにしました。
(サイクリングと言ってもカッコイイマウンテンバイクがあるわけではなく、普通のシティサイクルにまたがるだけ・・・)
ipod-radio.jpg
ipodと先日買った短波ラジオを持参して(笑

風を切りながらの走行は気持ちいいですね。
短波ラジオですが、室内よりも屋外の方が格段に良く受信できました。
FMと違って短波帯は波長が長いので、アンテナは長い方が良いということですが、
散歩していると短波のアンテナ代わりとしては丁度良いものを見つけました。

denchu.jpg
近所のお宮さんの敷地内にある、旗を揚げるための電信柱です。それにはワイヤーが吊ってあります。

tampa-jyushin.jpg
ワイヤーをアンテナ代わりにするには、ラジオのロッドアンテナを接触させるだけでOKですので、やってみました。
目論見どおり、良く受信できます。
ワイヤーは20mくらいあるので、電波の波長に合うのでしょう。室内で良好に受信したい場合は、20mくらいの電線を窓から垂らしてでもおけば良さそうです。

放送受信 | 18:59:35 | Trackback(0) | Comments(0)
天皇賞(春)(GⅠ)の回顧
<第141回 天皇賞(春)(GI)の回顧>

1着:「-」12番ジャガーメイル
2着:「-」16番マイネルキッツ
3着:「-」4番メイショウドンタク

13.3 - 11.9 - 12.0 - 11.5 - 12.0 - 11.6 - 12.2 - 13.8 - 13.5 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 11.8 - 11.3 - 11.4 - 11.5=3:15.7

テンの3ハロン 37.2秒
前半1000m通過 60.7秒
上がり3ハロン 34.2秒

上がりの4ハロンは11秒台のラップを刻んでおり、ややスローの瞬発力勝負となったという感があります。
中盤は12~13秒台で流れているのでさほど厳しい流れには見えませんが、早くなったり遅くなったりしているので、緩急のついたラップになったという印象を受けました。
今日の京都の馬場は高速化していたようで(開幕2週目というのもあるとは思いますが)当レースも前があまり止まらず、馬券に絡んだのは4コーナー地点で6番手以内の馬だけでした。

それから、ちょっと気になりましたが、トウカイトリックは過去にもフォゲッタブルと同じレースに何度か出走していましたが、毎回フォゲッタブルの着順を上回れませんね。当レースもそうなってしまいました。
こうなってしまうのは位置取りの差で、能力はあまり大差が無いように思うのですが如何でしょうか。

馬券ですが、ご覧の通り印をつけた馬が一頭も来ず、惨事となりました
来週からも5週連続でGⅠレースが続きますので、気を取り直しましょう。

未分類 | 20:47:21 | Trackback(0) | Comments(0)
天皇賞(春)(GⅠ)の予想
<第141回 天皇賞(春)(GI)京都芝3200m>

今日は一日良い天気でしたが、明日も引き続き日本全国晴れのようですね。
ということで、明日は馬場が悪化することはないでしょう。

天皇賞は3200mコースは外回りですので、土曜日の芝外回りの3レース(共に1800mですが)の結果を確認してみると、ノーザンダンサー系の馬が好走していました。
3レースの馬券圏内馬9頭のうち、4頭が該当しています。京都の芝はヨーロピアンに向く馬場になっているのでしょうかね。

それから展開ですが、どの馬が前に行くんでしょうか・・・。過去の成績から推測すると11番ミッキーペトラかなという感じがしますが、17番ゴールデンメインも前に行く可能性はあるのではないかと思います。
どちらにせよ長丁場ですから、ハイペースにはならないでしょう。スローペースで落ち着くと思います。
長距離レースですが、スローで流れれば瞬発力も要りそうですので、基本スタミナ型で瞬発力も兼ね備えた馬狙いでいきます。

◎14番メイショウベルーガ 
○13番ジャミール
▲10番テイエムアンコール
△6番トウカイトリック
△3番フォゲッタブル

未分類 | 21:32:21 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の参院選
昨日(4月30日付け)の新聞に夏の参院選全国情勢が載っていました。

それを流し見していて目に留まったのが、タレントの岡部まりさんが参院選挙に出馬されるということです。
民主党の擁立候補だそうです。
大阪地区のことなので、私は知りませんでした。
shimbun-4-30-1.jpg

この方は探偵ナイトスクープで有名ですが、選挙に出馬されるということは降板になるんでしょうね。
ウィキペディアによると、既に降板されたそうです。長い間出演されていて、番組の顔となっておられましたので、少々残念に思います。

探偵ナイトスクープ繋がりで思い出しましたが、こちら(北陸朝日放送)の放送時間はかつては金曜23:15からでしたが、いつの間にやら1時間遅くなって、土曜の0:20に変わりました。
shimbun-4-30-2.jpg
これは23時台の金曜ナイトドラマ(今は警部補 矢部謙三)がネットワークセールス枠となったためだそうです。
つまり、テレビ朝日系列の局は金曜ナイトドラマを絶対に放送しなければならなくなったということでしょう。
探偵ナイトの制作局である朝日放送は、これまでどおり23時台に探偵ナイトを放送して、24時台にナイトドラマを放送しているようですが。
リアルタイムで見るとなると、私は23時台のほうが良かったですね。
レコーダーがあるので、どうしても見たければ録画しますが^^;;

日常生活 | 09:51:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。