■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
中心市街地の活性化について考えてみる
東京や大阪などの大都市ではあまり実感しないが、それ以外の地方では近年、中心市街地の衰退が問題になってきている。

人口集中地区(DID)という指標があり、それは「市区町村の区域内で人口密度が4,000人/k㎡以上の基本単位区が互いに隣接して人口が 5,000人以上となる地区に設定される」のだそうだ。
その設定された地区の人口密度をDID人口密度という。

難しく聞こえるが、要は都市の中心部に人が集まって住んでいるかそうでないかを表す指標とでも言えばいいだろうか。

47都道府県の県庁所在地のDID人口密度を一覧にしてみた。
大概、県庁所在地がその都道府県最大の人口を有しているケースが多いのだが、一部そうでないケースもある。
その場合は県庁所在地に併せてその都道府県最大の人口を有している都市のDID人口密度も記してある。

DID人口密度(人/k㎡) (平成17年のデータ)

東京都区部  13,663.2  
大阪市     11,857.4 
横浜市     10,036.3  
京都市      9,903.9  
神戸市      9,536.2
さいたま市   9,344.0  
福岡市      8,936.7  
那覇市      8,340.3  
札幌市      7,966.4  
名古屋市    7,889.9 
長崎市      7,456.5  
広島市      7,436.9
千葉市     7,022.9
仙台市      6,951.9
奈良市      6,832.5
大津市      6,748.7
熊本市      6,675.3
鹿児島市    6,539.8
高知市      6,358.0
松山市      6,328.4
金沢市      6,174.7
青森市      6,091.2
静岡市      6,081.4
(浜松市      5,604.4)
盛岡市      5,896.6
岡山市      5,797.9
新潟市      5,738.7
山形市     5,622.9
宇都宮市    5,447.8
宮崎市      5,422.1
鳥取市     5,368.2
岐阜市      5,367.0
佐賀市     5,332.7
長野市      5,324.8
高松市      5,319.6
福井市     5,212.1
郡山市      5,183.3
(福島市      4,748.5)
徳島市     5,182.1
甲府市     5,115.0
松江市     4,936.5
秋田市      4,915.8
水戸市     4,878.7
大分市      4,798.0
下関市      4,785.8
(山口市     4,166.2)
和歌山市    4,599.7
津市      4,511.1
(四日市市    3,519.9)
前橋市      4,425.1
(高崎市      4,260.1)
富山市      4,030.2

人口の多さと人口集中地区の密度は当然ながら一致していない。
DID人口密度が高ければ高いほど、中心市街地がにぎわっているかと言えばそうとも限らないが、
密度が低くて中心市街地がにぎわっている都市はあまり無いように見受けられる。
密度最下位の富山市は、中心市街地の活気は無くなってしまっている。とても人口40万人都市(合併前は30万都市)とは思えない。ただ、郊外の大通り沿いには広い駐車場を併設した施設が多く、そちらはにぎわっている。それだけ、人が郊外へ拡散して住むようになってしまったと言える。車を保有していればこの上のこと無いのかもしれないが、無い人からしてみれば最悪な気もする。

現在富山市はまちなか居住推進事業というのをやっている。
仮に中心市街地に転居することを想定して考えてみるが、一週間は7日間あり、仕事をしていればそのうちの5日間は職場へ行くことになるのは誰でも承知のことだろう。
歩いて仕事場まで行けるのなら転居するメリットもありそうな気がするが、仕事場が郊外にある場合はどうやって通勤したらいいのだろうかと思ってしまう。駅から1時間でも2時間でも歩けと言うのか!? 私は駅から15分が徒歩圏内だと思っているので、無理だろう。
中心市街地に住んでも車を利用することになれば、そのまま郊外に住んでいれば良いということにならないだろうか。

ETCもそうですが、国が幾ら国民へ向けて「ETC付けてください!」と呼びかけても大して普及しないのに、ETCに限り高速道路料金を上限1000円にしたら、取り付けを待たなければならないくらい殺到して普及するものだ。
住民にとって中心市街地に住んだほうがお得なら、勝手に集まってくる筈だと思うのは私だけだろうか。
できるものなら職場を中心部の駅近くに集めてしまえばいいと思うのだが。

スポンサーサイト
日常生活 | 20:07:25 | Trackback(0) | Comments(2)
寒さが続くことが良いのか悪いのか・・・
doornomae.jpg
昨日は一日中良い天気でしたが、風が冷たくて4月下旬とは思えませんでした。
日が暮れて寒くなってきたのか、うちの猫が即効室内に入ってきましたね^^
猫の祖先は砂漠で暮らしていたという説があるそうで、暑さや乾燥は強いらしいですが、その反面寒さには弱いそうです。

画像は一眠りした後外に出してくれとゴネている様子です。
ドアノブを見つめています。
こいつは暖かくなると室内には入ってこなくなるので、入ってくるのも今のうちでしょう。

例年よりも長い期間来てくれるのは嬉しいといえばそうですが、野菜価格が高騰したりする悪影響もあるので、
嬉しいのかよくわかりません。。

日常生活 | 09:09:35 | Trackback(0) | Comments(0)
京都の地デジ事情
ある方法で京都テレビを見ていたら、とあるCMが流れていました。


京都ではアナログ放送の場合はVHFアンテナを生駒山へ向けて、UHFアンテナを比叡山へ向ければそれでOKでした。
しかしながら、地デジはすべてUHFで送信されることになったので、アナログではVHFだった関西広域局は生駒からUHFで地デジ電波を出しました。京都では大半のUHFアンテナが比叡山へ向いているので、方向違いとなる生駒の電波は拾いにくかったようです。
既にUHFが比叡山へ向いていれば、中継局が追加されることでほぼ確実に映るようになるでしょう。

ただ、京都市周辺ではテレビ大阪を見ている方も結構おられるのではと思います。
テレビ大阪は放送エリアが大阪府限定となっているので、京都府滋賀県境にある比叡山に中継局は設置できないことになっています。
テレビ大阪も見たい場合は、結局生駒へUHFを向けることになるんでしょうね^^;

京都に限らず、他の都市でも同じようなことが起こっている可能性があるんじゃないでしょうか。

放送受信 | 23:44:18 | Trackback(0) | Comments(3)
皐月賞の回顧
今日はコンビニへ行ったら、一面に大きな字でヴィクトワールピサと書かれたスポーツ紙が目に留まったので、買ってしまいました。それは日刊スポーツですが、富山のコンビニで買ったにもかかわらず、なぜか大阪のスーパーの広告が載ってました。
nikkan-sports1.jpg
このスーパーですが、前に新今宮の駅近くで見たときは一瞬パチンコ屋かと思いました^^;

それから、テレビ欄は東海テレビや中京テレビなど、名古屋地区のものが載っており、おやっと思いました。
富山地区のも中サイズで載ってはいます。
nikkan-sports2.jpg
富山地区だけのためにテレビ欄を差し替えるのも手間が掛かりますから、一緒に掲載しているのでしょう。
紙面は名古屋本社版に関しては、大半が大阪本社版と共有されているようですので、広告も共有されているんだと思います。


<第70回 皐月賞(GⅠ)の回顧>

1着:「-」13番ヴィクトワールピサ
2着:「◎」16番ヒルノダムール
3着:「-」11番エイシンフラッシュ

12.1 - 10.9 - 12.4 - 12.1 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 12.0=2:00.8

テンの3ハロン 35.4秒
前半1000m通過 60.1秒
上がり3ハロン 35.9秒

やや重でのレースでした。そんなに早いペースにはなりませんでした。目論見どおり平均ペースくらいと言ってのではないでしょうか。
ヴィクトワールピサは内を回り、内から差してロスの無い競馬をしたと思います。
ヒルノダムールは最後尾に位置取りしたので、ひやひやしましたが、最後物凄い追い込みでした。
やや重馬場にも関わらず当馬のあがり3ハロンは33.1秒だそうです。あの位置からの追い込みは見ごたえがありました。次走は日本ダービーでしょうか。楽しみな馬です。
馬券ですが、ヒルノダムールの単複を厚めに買っておいたので、トントンで済んで助かりました。。

未分類 | 20:44:35 | Trackback(0) | Comments(0)
皐月賞(GⅠ)の予想
<第70回 皐月賞(GⅠ)中山芝2000m>

今日の関東は明け方まで雨や雪が降っていたようで、中山競馬場の芝コンディションは一日中不良でした。
日曜は晴れる予報が出ていることから、土曜の阪神競馬場同様にコンディションは回復していくでしょう。
土曜9R山藤賞は皐月賞と同じコースで行われたので、参考にしたいところですが、土曜と日曜でコンディションが違うと参考にするのは難しそうです。ましてや中山開催は最終週・GⅠ開催週ということから、馬場コンディションの急変に要注意です(笑)
厄介なこと?に、明日中山芝レースは本数が少なく、それらはほぼすべてが外回りコースです。
唯一の内回りで皐月賞と同じコースの9R鹿野山特別は要チェックでしょう。

ある程度雨の影響が残り、時計の掛かる馬場を想定します。
ペースですが、速くはならないのではと思います。Mペースくらいか?
ある程度前が残る可能性も考えて。。。

◎16番ヒルノダムール
○2番ハンソデバンド
▲4番ネオヴァンドーム
今のところはこうです。ハンソデバンドは距離が持つか不安なので、もっと考えます。

未分類 | 20:51:02 | Trackback(0) | Comments(0)
山形新幹線400系
今週もGⅠがあって競馬尽くしになりそうなので、今のうちに鉄ネタを挿入しておきます^^;

初代山形新幹線「400系」4月に引退 車内設備老朽化 asahi.com

今月を持って初代山形新幹線の車両(400系)が引退するようです。
それを記念して福島駅地平ホームに400系が入線したそうです。

400系が福島駅地平ホームからラストラン railf.jp

「地平ホームに入線した?それがどうした?」とお思いの方もおられると思いますが、山形新幹線は福島駅においては通常新幹線ホームにしか入線しません。ということで、地平ホームに入ることはかなり珍しいのです^^;
基本的にJRの在来線は狭軌が敷かれていて、新幹線は標準軌が敷かれています。つまり、線路の幅が違うので互換性がありません。しかしながら、この地平ホームは標準軌の奥羽線専用に用意されているので、400系が入線できるわけですね。日本全国標準軌にしておけば不都合は生じなかったでしょうが、実現できませんでした。


山形新幹線は平成4年開業なので、この車両は約18年走ったということになります。在来線の車両の耐用年数は20年以上あるはずですが、新幹線はそれと比較して短いですね。
つい最近まで走っていた急行能登の車両(489系)は40年走ったそうです

鉄ネタ | 21:02:04 | Trackback(0) | Comments(2)
Twitter
前々からテレビのワイドショーで取り上げられていましたが、私はmixiにも同じような機能があるので事足りていました。
最近、Twitterのアカウントを作成してみましたが、基本的にはmixiボイスと同じですね^^;
ただ、違うのは有名人のつぶやきも見る(聴く?)ことが出来ることでしょうか。

「なう」などの言葉も頻繁に利用されているようですが、私はなぜか違和感を感じてしまいます。
私だけではないようで、Googleの類語検索でもそれらしきものが出てきました(汗
google-twitter.jpg

これは英語のnowですよね。
私は「欧米かっ!」と言いたくなりますけど^^;;

それから、ひたすらつぶやいていても無反応が続くと、自分がアホに思えてきます(笑)(マヌケなつぶやきなら尚更^^;)
相手が何か言ったら、何か反応するというのを礼儀と考える人の場合は、気疲れしてしまうのかなと思ったりします^^;
以上、長いつぶやきでした。。。

日常生活 | 22:59:06 | Trackback(0) | Comments(0)
桜花賞の回顧
<第70回 桜花賞(GⅠ)の回顧>

1着:「-」9番アパパネ
2着:「-」8番オウケンサクラ
3着:「-」11番エーシンリターンズ

12.6 - 11.2 - 11.8 - 11.9 - 11.4 - 11.1 - 11.1 - 12.2=1:33.3
テンの3ハロン 35.6
前半1000m通過 58.9
上がり3ハロン 34.4

10日(本日)の5R・9Rを見ていると、差しが決まってはいたものの、前残りもかなり目立っていました。
テレビの競馬中継(競馬beat)で実況の方が、「造園課の方に伺ったら今年は馬場が良いとおっしゃってた。ジョッキーにも伺ったら内の馬場が良くて、芝が飛んでこないんだよねということでした。」と言っており、嫌な予感がしました^^;

展開が読みにくいレースでしたが、前目に位置取りした馬がそのまま逃げる形になりました。
ラップを眺めると、緩急があまりない持続ラップという印象で、瞬発力が武器のサンデー系にとってはそれが生かせなかったのかなとも思えます。
結局1・3・4着はキングカメカメハ産駒という結果でした。
瞬発力よりも持久力が問われたのではないかと思います。

それでもシンメイフジは外からかなり追い上げていましたので、次走が瞬発力が問われるレースなら期待していいと思いますね。

未分類 | 21:56:05 | Trackback(1) | Comments(0)
桜花賞(GⅠ)の予想
<第70回 阪神10R 桜花賞(GⅠ)芝1600m>

明日の天気ですが、兵庫県南部は曇りの予報で、日中は何とか持つのではないかと思われます。
雨が降ると予想が難しくなりますからね。

展開ですが、ハナにこだわる馬は不在のようで、どれが逃げるかはわかりにくいです。
桜花賞と同じコースで行われた今日の6Rは、テンの3ハロン37.2で、かなり遅かったですが、
GⅠならこんなに遅くはならないと思います。Mペースくらいで落ち着くと考えます。
その6Rですが1~3着すべてがサンデー系の馬でした。
ここ数年の桜花賞もサンデー系の馬が好走しているので、サンデー系から本命を取ったほうがいいように思います。

17番シンメイフジ
実際どういうペースになるかわかりませんが、ちょっと緩めのペースになってくれれば
瞬発力が生きるかもしれません。
10日の6Rの1着馬がこの馬と同じ父フジキセキというのもあったので、本命にしようかと思います。
桜花賞の前に同じ阪神1600mの5Rがあるので、このレースも良く見ておいたほうがいいかもですね。

6番ワイルドラズベリー
前走のチューリップ賞は重馬場でしたので無視しましょう。
これまた10日の6Rですが、
母父サンデーサイレンスのシルクアーネストがかなりの末脚で2着入りしましたのでちょっと期待してみます。

7番タガノエリザベート
過去4走中3走で上がり最速を出しているようで、その末脚に期待します。
10日の6Rの勝ち馬は内から伸びてきてましたが、あれはかなりのスローペースが原因と思いたいです。
6R2着馬は外から伸びてきたので、外差しも不利ではないと思うのですが。。

未分類 | 21:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)
うちの猫
うちには半飼い猫(なぜ半かというと冬場だけ家猫になり、夏場は外で生活しているから)がいます。
neko5.jpg
こいつ。 こいつは生まれてきた時、他の姉妹よりも一回り小さかったので、「おちびタン」と呼んでます(笑)

neco2.jpg neko3.jpg
はじめはカリカリの入った袋の前で座って、もらえるのを待っています。
そこで、何もしないでじらしていると、痺れを切らして手を伸ばし、終いには頭を突っ込んでしまいます(笑)
この部分はこいつのお父ちゃんとそっくりなんです^^

neco4.jpg
私が指を出すと舐めてくれます。ただ、ごくまれに噛まれます(汗
(おちびタンが寝ている時に、私はよく茶々を入れに行っているので仕返しでもされているのか!?)

おちびタンは冬場だけ家の中に入ってきて寝てますが、
そろそろ入ってこなくなる時期ですね。
ちょっと寂しいなぁ。(茶々を入れられずに寝られる季節が来て清々しているかも・・)

日常生活 | 20:33:09 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad