■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
富山の路面電車が環状化
今から約1ヵ月後の12月23日に富山市内の路面電車に新たな線が開業し、環状化します。富山市内路線図

路面電車で街中ぐるり、富山で環状線復活 yomiuri online

上がっている情報をまとめると
・環状線の運行ルートは反時計回りのみで一周約20分
・早朝深夜は20分間隔、それ以外は10分間隔で運行
・運賃は一律200円
・路面電車では全国初の上下分離方式
といったところでしょうか。

現状の市内電車は南富山と大学前を往復しています。
赤線で示した新設区間と西町→富山駅前→丸の内の既存区間を通るルートで環状運転をすることになります。
ということは、西町→富山駅前→丸の内は環状線系統と南富山大学前往復系統が重複するので、反時計回りだけ本数が多くなるのでしょうか

利用が好調になれば、赤で示した新設区間を単線から複線にして環状運転を時計回りでも行ったほうがいいかもしれません。
それから、富山駅が高架になり、富山ライトレールと市内軌道線(富山駅北と富山駅前)が直結する計画もあります。
そうなると、環状線から3つの線が放射状に分かれることになるので、上手いこと運転系統を整理しないと、利用者は混乱しそうな予感がします。

一番シンプルなのは西町-富山駅前-丸の内-西町は環状運転だけにして、大学前-丸の内折り返し、南富山-西町折り返し、富山駅前-岩瀬浜折り返しの放射3系統を設定することでしょうか。
でも、富山ライトレール線は沿線人口が多くて利用が好調なため、中心部まで直通させた方がいいかも知れません。ということで、
環状系統にプラスして大学前-富山駅前折り返し、南富山-富山駅前折り返し、岩瀬浜-富山駅前-丸の内ー西町折り返しの乗り入れを行うなんてのはどうでしょう。

スポンサーサイト
鉄ネタ | 21:14:14 | Trackback(0) | Comments(0)
先週・今週の競馬録
14日土曜日
東京11R(京王杯2歳ステークス)単勝10、ワイド1-2 それぞれ100円ずつ・・・・結果2-3-8でハズレ。

15日日曜日
東京7R 単勝9 100円・・・・・結果9-2-11で一応的中。払い戻しは320円。。
東京9R(赤松賞)ワイド1-2 100円・・・・・結果16-9-11で大ハズレ。
京都11R(エリザベス女王杯) 単勝8 複勝8 ワイド4-8 それぞれ100円ずつ計300円・・・・7-11-16で大ハズレ。

21日土曜日
東京11R(東スポ2歳ステークス)単勝3に100円・・・・・結果14-16-9で大ハズレ

22日日曜日
東京9R(tvk賞)馬連10-11に100円・・・・・結果11-10-3で一応的中で560円の払い戻し。
11-22keiba.jpg

これで先週の損害は取り戻した。この日の重賞レース(京都開催のマイルチャンピオンシップ)は賭けるのを辞めときました。一応買うとしたら馬連3-4、4-5を考えていましたが、結果は4-13-15 
辞めておいて良かった。。。
1着は1番人気でしたが、2着は単勝14番人気だった為、馬連での払い戻しは6690円と高めだったようです。1レースで賭けても500円の私は単勝14番人気を賭けようとは考えないですから、これじゃあ一生当たらんでしょうね^^;;

日常生活 | 21:21:44 | Trackback(0) | Comments(2)
最高速度を300km/hへ引き上げ
東海道新幹線、最高速度300キロ目標 葛西会長が表明 asahi.com

東海道新幹線の現在の最高速度は270km/hですが、JR東海はそれを300km/hへ引き上げることを考えているそうです。
山陽新幹線では既に300km/h運転を実施していますが、東海道はカーブが多いため、少々抑え気味で走っているわけですね。東海道がすべて新型のN700系に置き換わった時にやるそうで、それが出来るのはN700系に車体傾斜装置が付いているからでしょう。

東北新幹線も現行275km/hから13年春には325km/hまで引き上げるようで、新幹線はますますスピードアップしていくようです。ただ、踏み切りのある在来線は安全上これ以上のスピードアップは望めなくなってきているようですね。
個人的にはJR西の新快速に車体傾斜装置を付けたら、カーブでも130km/h運転が出来そうな気がして面白いなぁと思うのですが^^;;;

鉄ネタ | 19:24:00 | Trackback(0) | Comments(0)
332km/h
東海道新幹線、332キロで試験運転 各国関係者にPR asahi.com

昨日(17日)の朝日新聞朝刊に載っていた記事です。
東海道新幹線の新型車N700系が試験運転で332km/hを記録したそうです。
記事にも載ってますが、米原~京都間だそうです。あそこは真っ直ぐで駅間距離が長いですからね。

通勤用の電車でも、例えば営業運転では最高速度が120km/hまでとしていても、出そうと思えばもっと出せる性能を有しているようですね。このN700系は一体何キロまで出せる性能を持っているのだろうかちょっと気になります^^;

鉄ネタ | 23:19:00 | Trackback(0) | Comments(2)
「はやて」の愛称が廃止へ
東北新幹線東京~八戸を通しで走る列車の愛称は「はやて」と呼ばれていますが、
東北新幹線が来年の12月新青森まで延伸開業するにあたって「はやて」の愛称を廃止することを考えているそうです。

東北新幹線 「はやて」廃止へ 新型導入で列車名公募 yahooニュース

個人的に思うことですが、新青森まで延びても「はやて」のままで何が都合が悪いのかなぁと思います。。新型車両を投入するとのことなのでイメージチェンジなんでしょうか。
さて、なんという新愛称になるのでしょうか?
「りんご」・・・青森だからってあまりにも安直か?
「つがる」・・・八戸~青森の在来線特急の愛称だし馴染みがあるからいいのでは? でも、青森県は旧津軽藩エリアと旧南部藩エリアがくっついた県なんで、南部側の人は「つがる」じゃ嫌でしょうか。
「はつかり」・・・かつての特急列車の愛称にあったと思いますのでいいのでは。
他には「みちのく」「はくつる」などなどがかつての特急列車の愛称に存在したので、新幹線で使ってもいいのではないかと思います。
それとも北海道新幹線延伸を前提に「白鳥」にしておくとか?

鉄ネタ | 21:13:54 | Trackback(0) | Comments(5)
ほたるいか
hotaruika.jpg
近所の西友で売っていたのでついつい買ってしまいました。

うちの母の実家は海岸から歩いて30秒という立地のため、かつては河口でバケツを垂らして引き上げたらざっくざくほたるいかが水揚げできたそうです。今はそんなことはありません。
それでも、海沿いだったため、その日の朝水揚げしたものをその日のうちに茹でて食べていたのを思い出しました。スーパーで買ってきたやつには、からし酢味噌が付いていましたが、茹でたてのほたるいかは何もつけなくても美味しいです。

日常生活 | 23:48:24 | Trackback(0) | Comments(2)
的中
昨日は久しぶりに東京競馬場開催のレースに投票して、ちょこっと遊んでしまいました。
パソコンから馬券が購入できるので、府中へ出向いたわけではありません。
tokyo7r-wide.jpg
東京7Rではワイド12-13に100円を突っ込みました。結果は12→13だったので一応的中。
こういうときは、なぜ馬連にしておかなかったのかと思うのは私だけではないはず(笑)
ただ、オッズが3.1倍だったので払い戻しは310円ですが^^;;

ここで得した200円をメインレースであるアルゼンチン共和国杯(東京11R)の投票資金として利用することにして、単勝12、ワイド4-9を各々100円ずつ買いましたが、結果は6→8→13だったため、見事に外しました(笑)
1番人気、2番人気は3着以内に入らず、11番人気が1着となったため、荒れたレースとなりました。
1着である6番の単勝払い戻しは2510円だったようです。
まぁ、そんなもんです。

日常生活 | 22:37:10 | Trackback(0) | Comments(0)
小銭
kozeni-3syurui.jpg

ガムのボトルにそれぞれ1円・5円・10円硬貨を入れて貯めていたのが、いよいよ満杯になってきました。
昔は良かったのですが、今は両替に手数料が掛かるようになったので、躊躇していました。
三菱東京UFJ銀行の場合、1~50枚までは手数料無料、51~500枚は315円の手数料が掛かるようです。
1円玉が多いことから、50枚以上はあると思われます^^;

両替という扱いにすると手数料を取られるのでしょうが、口座へ入金することにすれば手数料は掛からないのでしょうか。
それとも、2~3回に分けて両替すればいいのでしょうか。
今まで、大量の硬貨の両替はしたことが無いので、よくわからないですね。。

日常生活 | 13:04:23 | Trackback(0) | Comments(4)
JR貨物時刻表
図書館で発見したので借りてきました。
JRkamotu-jikokuhyo.jpg

旅客向けの列車種別には特急や急行、快速などなどがありますが
貨物の場合、高速貨物列車・専用貨物列車・臨時高速貨物列車・臨時専用貨物列車の4種類のようです。
一番多いのがコンテナ輸送でしょうか。コンテナを積んだ貨物列車は最高速度が100km/h前後のようです。
石油を積んだ貨物も早いものでは最高速度95km/hほどあるようです。

あと気になったのが、日本海縦貫線という表記がされているところです。
旅客向けでは聞きませんね。それは東海道・北陸・信越・羽越・奥羽線を縦貫する線との説明がなされていました。つまり、大阪から京都・滋賀・福井・石川・富山・新潟・山形・秋田を経て青森までのルートということですね。
本数も結構多く、東海道・山陽・東北線に次ぐ貨物の大幹線になっていることがわかります。

鉄ネタ | 21:29:38 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad