■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ノートPCのCPUを交換してみた
私のノートPC(NECのPC-LL750DD)も使い始めてから10年以上経過してしまいました。
windowsXPのサポートが切れてからは、LinuxのLubuntuをインストールして未だに使用中という^^;

XPに比べるとLubuntuは軽くてメモリーを喰わないので、
低スペックなPCであってもそこそこ動いてくれます。

しかしながらOSを軽いのにしてもyoutubeなどの動画を再生するとカクカクになってしまいます。
メモリに関しては若干余裕がありますが、CPU使用率が100%で張り付いてしまっていて、
どうやらCPUの性能不足が原因のようです。(Intel Celeron M360J 1.4GHzでは重荷なのでしょうね)

まだまだ使うwため、CPUの交換をしてみることにしました。

どのCPUにも交換可能という訳ではありませんが、
同時期に発売されていた上位モデルに搭載のCPUであれば認識される可能性が高いということで、
私のPCの場合、Pentium M 740 1.73GHzに交換してみることとします。


ヤフオクで中古のpentium M740を落札し、届いたので取り付けてみます。
ちなみに送料CPUグリス込で約800円でしたね、安い。。
2017-8-11-1.jpg
電源スイッチ周りのパネルを上に持ち上げると、キーボードも持ち上げられます。
2017-8-11-2.jpg
キーボードを持ち上げると、金属のパネルが見えるのでネジを5本外します。

2017-8-11-3.jpg
ネジと金属パネルを外すとCPUとクーラーが見えます。
赤で囲った3つのネジを外すとCPUクーラーが外れるので、その後水色で囲ったところをマイナスドライバーで180度回すと
CPUが外れます。

2017-8-11-4.jpg
外したCPU、、え〜と生花の剣山(いやなんでもない・・・)
写真を撮り損ないましたが、CPUクーラーを取り付ける時は、グリスを付ける必要がありますが
薄めに塗るのが良いようです。

CPUを交換し起動してみるとあっさり認識されました。とりあえず良かったです。
2017-8-11-5.jpg 2017-8-11-6.jpg
さて、処理速度はどれほど速くなったのか、、、
CPU計算処理速度測定機というサイトがあったので、ここで試してみました。
交換前(Celeron M360J)だと8.556秒掛かっていて、CPUの温度は最高でも58度といった具合でしたが、

交換後は
2017-8-11-7.jpg 2017-8-11-8.jpg
6.799秒と若干速くなっているようです。
CPU温度に関しては以前より少し高くなっていますね。
CPUの負荷が下がれば一気に50度程度まで落ちますので、長時間負荷を掛けなければ大丈夫ではないかと。
動画再生の具合ですが、若干マシになった程度と言った具合ですね。
もっと速く高画質で再生したいなら、別マシンを考えないといけないでしょう。

スポンサーサイト
機器関連 | 23:02:22 | Trackback(0) | Comments(0)
ipod用ラインアウトケーブルを作った
ipodはイヤホン出力の他に、ドックコネクタからラインアウトが可能です。
(最近のipod/iphoneはlightningという新型のコネクタになっているため
従来のドックコネクタに変換するプラグが必要のようです)
ラインアウトは音量固定で外部スピーカに接続する際など
音量を弄らなくて済み、使い勝手が良いです。
ということで、だいぶ前の話ですがラインアウト用のケーブルを作った備忘録です。



必要なものですが、
某100円ショップで売られているipod用の充電ケーブルを利用しました。
コネクタの蓋が開くタイプででないと作れないかもしれません。
それから、はんだこてが必要ですが既に持っていますのでそれを使いました。

この100円の充電&転送ケーブルは内部のピンが必要最小限の4本入っていました。
これらのピンをラジオペンチで抜き取り、差し替えます。
私のipodnano第5世代の場合、ラインアウトだけなら以下の4ピン接続で可能でした。
3pin・・・右ラインアウト
4pin・・・左ラインアウト
11pin・・・GNDに接続すればラインアウトされる
16pin・・・GND(1pin/2pin/15pinもGNDなためこれらでもOKのよう)

ipodのピンアサインはここに載っています。



また、後に充電もできるようにするため、
他に以下の3ピンを追加しました。
23pin・・・USB電源
25pin・・・USBdata-・・・約2.5V入力
27pin・・・USBdata+・・・約2.5V入力

23pinのUSB電源とGNDを繋いだだけでは充電されませんでした。
アップル純正のUSB充電器は、USBdata端子二つともに
約2.7Vの電圧が出ていますので、
USBのdata端子にも電圧をかけなければならないようです。


USB電源は5vですので、これを抵抗で分圧してやれば約2.5vを取り出せます。
結果、これで充電されるようになったのでOKでしょう。
分圧は以下のとおりです。

V1(電源電圧)ー抵抗1ー中点ー抵抗2ー0V(GND)

中点の電圧は抵抗1と抵抗2の組み合わせで決まり、
以下の式で計算可能です。
中点電圧=抵抗2÷(抵抗1+抵抗2)×V1

抵抗1と2が同じ値でV1が5vならば、中点電圧は約2.5vとなります。
私は手持ちで余っている18KΩを使用しました。

先のピンアサイン表には、USBdata+に2.0v、USBdata-に2.8vの電圧をかけてやると
1Aの急速充電ができるような記述がありますね。
私にとっては必要が無かったので、やっていませんが
充電電流の制御も可能なようです。
2015-7-9-1.jpg 2015-7-9-2.jpg

機器関連 | 00:25:47 | Trackback(0) | Comments(0)
カーラジオを家で使う その2
その1を更新してからかなり時間が経ってしまいました。

カーラジオは直流12Vで動きますから、12VのACアダプターがあればいいのですが、
9Vのものしか手持ちがありませんでしたので、とりあえず代用します。
ac-adaptor2.jpg ac-adaptor1.jpg
電流が600mAですので、少々容量不足でしょう。

purasu.jpg mainasu.jpg
多くのACアダプターは+側に白ラインが入っていますから、そちらをACCの線(この機種の場合は青線)
に繋ぎ、-側は本体のどこかに繋ぎます。

ACアダプターの容量不足を心配しましたが、とりあえず電源は入りました。
これで使えるかと思いましたが、コンポ用のスピーカーを繋いでみると、
ボンボンとノイズが入ってしまいます。
ノートパソコン用のACアダプター(19V、3.16A)を試しに繋いでみたところ、
先ほどの症状はなくなりましたので、やはりACアダプターの容量不足だったようです。

100円均一で売られている32Ωの小型スピーカーがありますが、
これならば先ほどの症状が出ませんでした。
おそらく、このスピーカーは抵抗値が高く本体が小さいために電力をあまり消費しなかったのでしょう。
speaker100yen.jpg
とりあえずこれで音は出ますので使うことができています。

anntena-cable.jpg
ちなみに、アンテナ入力ですが、カーラジオはJASOという規格の端子となっており、
家庭用のF型を直接繋ぐことができません。
これでは不便ですので、変換コードを製作しました。
切り取っておいた車のアンテナ同軸と家庭用の4Cの同軸をはんだで接続し、ビニルテープを巻いておきました。
4Cの同軸には4C用のF型接線を繋いでいます。
これで外部FMアンテナとの接続も容易になります。


最近はNHKを含めパソコンでサイマル配信が行なわれていますから、わざわざカーラジオを用意するメリットがなくなってきたと思います。(radikoはエリア外であっても聞く方法があります。)
今回あり合わせのもので聞けるようになりましたので、今後別途ACアダプターを用意しようとは思っていません。

機器関連 | 19:35:06 | Trackback(1) | Comments(0)
カーラジオを家で使う その1
半年ほど前に母が車を乗り換えたので、私は古い車についていたカーラジオを予め取り外しておきました。
カーラジオはラジカセやコンポと違って感度が高いので、遠方のラジオ局を受信するにはもってこいです。

car-radio1.jpg
三菱純正品です。カセット部分は壊れていて使えません。

car-radio2.jpg
本体裏の配線です。
私はどれがどの役割の線なのかを理解できず、車から取り外したまま放置しておりました。
しかしながら、本体の隙間からライトを当てて覗くと、基板に記されているではありませんか。
car-radio3.jpg

これが分かれば、なんとかなりそうです。
赤線・・・BATT
青線・・・ACC
緑線・・・ILL
BATTは常時バッテリーと繋がっていている端子です。
ACCは車の鍵を回したときに電源が供給される端子です。車で鍵をACC位置にしたまま放置するとバッテリーが上がってしまいますね。
ILLはスモールランプかライトを点灯したときに電源が供給される端子です。
それ以外の8本はスピーカー用です。

家で使う場合、ILL端子には何も繋がなくてもよさそうです。
繋ぐ必要があるのはBATTとACCでしょう。
BATTをACアダプターの+端子と接続しACCにスイッチを取り付ければ、ラジオのメモリーを消すことなくオンオフができそうです。

長くなってきましたので、続きは次回に廻します。

機器関連 | 21:09:01 | Trackback(0) | Comments(2)
ipod nano
とうとう買ってしまった。
ipodnano-green.jpg
8GBのグリーン 14800円也(10%ポイント還元)

明日30日は池袋にヤマダ電機日本総本店がオープンするので、セールでもやらんかと期待しましたが、
ipodは基本的に値引きは無いということから、日本総本店も値引きしないと予想。
本日織り込まれた日本総本店のチラシには、定価14800円と記載。
予想通りだ。定価で買った後、安売りすることが分かればかなりショックなので、ちょっと安心^^;;
(ポイント還元率が11%以上だったらショックだが・・)

第4世代のnanoは8GBで17800円だったと記憶しているので、第5世代はそれよりも安く、機能も増えている。
半年前に第4世代のnanoの購入を考えたが、
①車を運転しないので車内で音楽を聴くことは無い
②電車乗車中は電車の騒音が耳障りで音楽を聴く気にはなれなかった
③電車乗車中は本かプリントを読んでいるので音楽を聴かなくても暇ではない
④電車の騒音は私の耳には心地いい音色に聞こえる(笑)
という理由で、無くてもいいと判断し買わなかったのだ。

時々ウオーキングと称した散歩をアパートの近所でやっているのだが、折角nanoを買ったのだから
これを連れて行こうかと思います。

機器関連 | 19:22:29 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad