■天気情報

■プロフィール

わいおか

Author:わいおか
アクセスありがとうございます^^
「電波ビレッジ」というHPを管理しています。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■QRコード

QRコード

QRコードを読み込むと携帯電話からもスムーズにアクセスできます。

■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
道路交通法が一部改正されるそうです
スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 道交法改正案 〜産経新聞〜
囲み内は一部引用

携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。改正法案は高齢運転者による事故割合が増加している現状を踏まえ、都道府県公安委員会が本人や家族らからの相談に対し情報提供や助言、指導を行う「安全運転相談」に関する規定も新設する。早ければ22日召集の通常国会に改正法案を提出する。

取り締まり年100万件

 改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する。

 さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。



ながら運転の実態調査の結果が載った新聞記事が11月の頭に出ているのを当ブログでも触れていましたが、
http://denpavillage.blog115.fc2.com/blog-entry-816.html
やはり法改正を行うんですね。

免許証更新のときにもらう本に青切符の点数と反則金が一覧で載っています。
それを見ると
携帯電話使用等(交通の危険)
携帯電話使用等(保持)

2つあります。
2018-1-14.jpg

携帯電話使用等(交通の危険)が青切符の規定から外されるようです。
よって、スマホを片手に運転していて信号無視をしたり一時停止を怠ったり、その他警官の判断で交通の危険と判断された場合、
これまでは2点普通車9000円の反則金を納めれば手続き終了だったのが、
刑事訴追されて1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑に処されるようになるということだと思います。
(点数が何点に変更されるかまだ不明ですが、6点以上であれば一発免停処分になりますね)


また、現状もそうですがスマホ片手に運転していて事故を起こした場合は青切符適用にはなりませんので、
やはり、刑事訴追されて1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑に処されるようになるということだと思います。


もうひとつの携帯電話使用等(保持)ですが、
こちらの罰則も「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へ一応引き上げられます。
こちらは反則金の対象のままとということですから、スマホを手で持って運転しているところを警官に見つかったら
今までどおり1点普通車6000円の反則金を納めれば手続き終了という形でしょう。

スポンサーサイト
車・道路 | 18:34:44 | Trackback(0) | Comments(0)
警察庁が運用変更に動いた
先月16日の新聞に載っていました。

あおり運転「一発免停」で事故防止 警察庁 〜日本経済新聞〜

警察庁は16日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示した。




TBSが現場から、なくせ危険運転という取材や報道をまとめたサイトがありますが、
以下のページによれば、

現場から、なくせ危険運転! 「危険性帯有者」とは 〜TBS〜

将来事故を起こす可能性が高い人物には最長180日間の一発免停処分とすることが可能な道路交通法の規定があるが、
その法律を解釈運用する警察庁はこれまで主に薬物常用者に対して処分していて、あおり運転などに対しての処分はほとんど行ってきていなかったようです。
法改正をしなくても既にこのような道路交通法の規定があるのに、
なにやってたん警察庁さんと言わざるをえません。

上が指示をしていないものだから、
交通ルール無視の自己中運転者に絡まれて揉めて警察を呼んでも、ドラレコの動画に一部始終がばっちり写っていても
青切符も警察官の現認で切ることになっているのか、直接違反行為を見たわけじゃないし事故になっていないから何もできないって青切符も切らずに帰ってしまう・・・
聞くところによればそんな状態なのですから、東名の事故事件みたいなのが起きてしまうのも当然だよなと
私はずっと思っておりました。。




さきのTBSの特集ページに海外の例が出ていますので
すこし紹介しておこうと思います。
興味の有る方はリンク先を辿ってみてください。



日本の道路交通法の規定では最長でも免停180日ですけど、
イギリスでは右折車線がある交差点内にもかかわらず、
反対車線にはみ出して追い越した運転者に対し
執行猶予付きの禁錮刑、罰金、無給労働。20か月の免許停止の処分となったそうです。

現場から、なくせ危険運転!  イギリス警察の「スパルタン作戦」とは 〜TBS〜



また、ドイツでは一生涯免許剥奪の制度が有り、
大きな事故には至っておらず、刑罰自体は軽いケースでも、
ドライバーとして極めて危険と認められる場合には、一生涯、運転禁止にできる
そうです。
日本では免許取消になっても最長10年で再取得が可能になってしまいます・・・

現場から、なくせ危険運転! ドイツが導入「一生涯免許剥奪」制度 〜TBS〜



さらにドイツでは免許取消になった場合、再取得するには心理学者の検査に合格しないとできないそうです。

現場から、なくせ危険運転! ドイツでは免許再取得に心理学者の検査 〜TBS〜

車・道路 | 19:19:23 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます
今年もちらほら好き勝手なことを書いてまいりますので、よければお付き合いください。

さて、新年最初の更新からこんな動画を・・・


国道8号 魚津滑川バイパスでのネズミ捕りです。
確か昨年2017年10月か11月のある日だったはずですが、失念してしまいました。
この場所は公開交通取締り情報でも定期的に出てきますが、
公開情報で出てない日にやってるのを私は見たことがあります。
また、4車線化される以前ですが朝7時台にやってるのを見たとか、当方の家族が言っておりましたので
ちょくちょく行う場所なのだろうと思います。


ちなみにこの道ですが、設計速度は80km/hです。(道路構造令の第三種一級)
設計速度とは、自動車が安全かつ快適に走行できる最高限度の速度のことで、
天候が良好でかつ交通密度が低く、車両の走行条件が道路の構造的な条件のみに支配されている場合に、平均的な技量を持つ運転車が、安全にしかも快適性を失わずに走行できる速度と定義されております。
天候が良くて交通量が少ないならば80km/hまで安全に走行可能な造りの道路というわけです。


しかしながら、道路の設計に関係する管轄は国土交通省ですが、
交通規制に関する管轄は警察庁という、いわゆる縦割り行政なため、
規制速度は設計速度より低めの60km/hとなっていて、信号も60km/hで走行したときに赤で停止させにくいようなプログラムになっていたりします。(余裕を取って規制速度を設計速度より低めに設定しているのだと思われます)
ということで、少なくとも設計速度の80km/h以上で走行するような行為はおやめになったほうが賢明かと思います。
機械とかも設計外の使い方をしたら、煙が吹いたりとかどうなるかわかりませんのでw

車・道路 | 23:35:01 | Trackback(0) | Comments(0)
追い越し車線を空けやがれ
イギリスBBCのトップギアという自動車番組にて
ジェレミー・クラークソン氏が、言っていたようですね。
twitterに上がっているのを見つけました。
2017-11-29-1.jpg
2017-11-29-2.jpg
2017-11-29-3.jpg
2017-11-29-4.jpg


ジェレミー・クラークソン・・・・右側の車線は追い越し用だから一日中居たらダメ。
            移民はこれだから困る。
            追い越し車線はトイレみたいなもの。
            用を済ませたらさっさと戻って空けろ。

というものでした。
トイレみたいなものw わかりやすいかもしれません^^;;
片側2車線だったら、左車線はちょっとペースが遅く流れてて右車線はちょっとペースが速く流れているというような
2列になっている訳ではないということです。
この点に関しては、日本のルールもイギリスと同じですね。
ヨーロッパってどの国もほとんどの車が追い越すときだけ追い越し車線に出てきて、
用が済んだら、戻りますからね。
これを守らない人が増えると、スムーズじゃなくなって鬱陶しいのでしょう。

この点に関して日本は移民レベルと言わざるを得なさそうですねぇ。。。


高速道路に”走行車線””追越車線”という看板が付いていますけど、
これではちゃんとルールが認知されにくいんじゃないでしょうかね。
”基本こっちの車線”  ”追い越すときだけ使う車線”
とでも書いておいたほうが良いんじゃないかと^^;

車・道路 | 21:19:30 | Trackback(0) | Comments(0)
交通違反の反則金は国の予算に組み込まれている
25日土曜にテレビ朝日系列で放送された、池上彰のニュース解説2時間SPという番組内で言ってました。


交通違反の反則金(青切符で払うあれです)ですけど、1年間の納付額は約700億円にのぼっているそうです。

最新のデーターは、交通ジャーナリスト今井亮一氏によると、
昨年2016年度の納付額は約577億円で、最近は年々減っているようですね。

反則金が6百億円台を割った! 〜今井亮一の交通違反バカ一代!〜



番組内では”よく交通違反の取締りにはノルマがあるなんて聞きませんか?”
”それは、反則金にある秘密が隠されているからなんです”と言っていました。
2017-11-26-1.jpg

ある秘密というのは、反則金が国の予算に組み込まれているというものでした。
2017-11-26-2.jpg

池上氏・・・みーんなちゃんとルールを守って違反が起きなくなると、
年度末になると大変厳しい取締りが行われるようになるかも。

なんて言っていました^^;
2017-11-26-3.jpg



反則金が予算に組み込まれていることは、知っている人は知っていたはずですが、
地上波のテレビ番組で堂々と扱ったのは珍しいような気がします。

まさかなぁとは思いますけど、警察庁が流してくれとか流していいよって根回ししてたりしませんかね。
伊集院光・・・え、おかしくないですか、みんなが心を入れ替えたせいで、今年は100万円しかなかったというのがあっても良いじゃないですか。
と番組内で言っていましたけれど、
は?予算に組み込まれている? おかしい!とか まさしく取締りのための取締りじゃないか!といった
世論が増えてくるのを見計らい、

警察庁・・・じゃあ、交通反則通告制度(青切符の制度)を見直しましょか
ってなるんじゃないですかね。
今井氏がおっしゃる、行政制裁金制度やスピード違反取締りの民間委託ですとか。。


・09年あたりから全国の道路で最高速度の引き上げを含めた見直しが進められていて、
今年からは高速道路も110へ引き上げられた
・古屋国家公安委員長のスピード違反取締りに対する苦言があった
・交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会というのが警察庁で行われた
・持ち運び式の新型オービスが導入された
・ナンバープレートのカバー取り付けが違法になった
・反則金が国の予算に組み込まれているということを地上波のテレビが流した

着々と準備が進んでいる?

車・道路 | 20:02:22 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad